11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋でポーカー

先々週末の土曜日、名古屋に行ってきた。
目的はポーカーをするため。
地元ではポーカーをする仲間がいないので、
新幹線に乗り、はるばる名古屋までやって来たのだ。
いつものごとく、遊びの前日は徹夜が当たり前の我が家では
今回もtagaman、あけみんともに徹夜明け。
そんなにしてまでポーカーがしたいのか、と聞かれれば、
「はい、したいです」と素直に答えるしかない。
それほど、ポーカーがしたいのだ。

出発当日の朝、フラフラになりながら乗り込んだ新幹線は
足の踏み場もないくらいの混雑だった。
発券の時点ですでに指定席は完売状態で、
自由席のどこかにもぐりこもうと安易に考えていたのだが、
三連休の初日とあって、その期待はもろくも崩れ去った。

空いているのはグリーン車くらい。
だが、ブラックは賭けられてもグリーン車には乗れない貧乏性の私は
普段ならあきらめて立ったまま名古屋に向かうところだが、
今回は遊びオンリーの旅ではない。
好都合なことに名古屋でクライアントとの打ち合わせが入り、
仕事を兼ねての移動だったので、ここは迷わずグリーン車を選択。
仕事だから・・・と、必死で自分に言い訳してみる。
で、とりあえずは空いている席に座って車掌さんが巡回に来るのを待つ。

しばらくしてやって来た車掌さんは私たちを見るなり、
「すみませんが、隣の9号車に移ってもらえませんか」と言ってきた。
「9」と聞いて敏感に反応するtagaman。
「喜んで、ナチュラル・・・いや9号車に移ります」とにこにこ顔だ。
今や2人にとってのラッキーナンバーは「9」。
なんだか幸先のいい旅ではないか。

名古屋でクライアントとの打ち合わせをすませ、
まずはビッグさんとの待ち合わせ場所へ移動。
実はこの日はミスターXこと、akiさんもお誘いしての名古屋デビューだった。
で、みなさんと駅で合流してから
名古屋が地元のT氏の車で会場へと向かった。

あいさつもそこそこにさっそくゲームがスタート。
が、いざカードが配られる段になって
今回の種目が7スタッドであることをはじめて知る。
確か、せりかさんが上野でロイヤルを出した種目だと記憶しているが、
実際にプレイをした経験は皆無に等しい。
なんたって、ルールもよくわからない。
当然、戦い方なんてまったく見当もつかない。

で、ルールの説明を簡単に受けてから
不安な気持ちのまま、いよいよゲームがはじまった。

初手の絞り方がまったくわからないので、
とりあえずは、初心者丸出しのコール合戦。
が、この作戦が功を奏したのか
ストレートやセット、フルハウスがおもしろいように決まっていく。
最初のテーブルではJPPA会長のhebaさんと一緒だったので、
ここは胸を借りるつもりで少々無理目のカードでも
ぶつけてみようと最初から思っていたのだが、
そういうときに限り、ターンや最後の1枚でストレートや
フラッシュができてしまうというパターンで
チップが知らない間に増えていった。

実は私がはじめてポーカーをしたのは昨年秋のリゾカジオフ会inベガスだったのだが、
このとき、私は氏とはじめてお会いしている。
で、氏はおぼえていらっしゃらないかもしれないが、
初心者の私に丁寧にいろいろと教えてくださったのが氏で
実はいつかはhebaさんと一緒にプレイがしてみたいとずっと思っていた。
なので、今回の名古屋遠征ではその念願は一応、果たせたというわけだ。

が、その後はやはり、チップがじりじりと減っていき、
最後の1テーブルになった時には、チップ量はちょうど真ん中辺りだった気がする。
で、いい手が入らずフォールドを繰り返していたら、
いつの間にか、他のプレイヤーがバタバタと飛び
労せずして、ラスト3人にまで残ることができた。
ほとんど見せ場のないままでの生き残りなので、
その時点での私はかなりの消化不良気味。

ただし、7スタッドの経験がほとんどない私にとっては
ゲームに参加していない間にプレイをじっくり見ることができたのが
良い方向に働いたようだ。
最後に残ったiさんもmさんも非常に堅実なプレイをされる。
しかも、一番強敵と思われるiさんはこのゲームで
年間チャンプがかかっていると言われていたので、
おそらく、この時点で無茶なプレイはされないはずだ。
また、7スタッドの場合、看板が大きくものをいうこともわかった。
このことから、他のお2人にチップ量では大きく離されている私は
とりあえずは、強気のプレイに徹しようと考えた。

幸い、ラスト3人になってからは
フラッシュやストレートを匂わせるカードが
私の前に度々、並んだ。
が、その間、フラッシュもストレートも一度も来ていない。
しかし、厚めのレイズをかぶせることで
連続してスチールに成功。
気がつけば、チップ量ではかなりの優勢に転じていた。
で、ほどなく、iさんとのヘッズアップとなり、
ここからは技量の差を見せつけられ、ジリジリとチップが減らされる。
なんとか凌いでいたのだが、
ヘッズアップの経験がまったくない私は戦い方がわからない。
このままいけば、自然死に近いカタチで死ぬだろうことが予想できた。

そして、いよいよ運命のラストゲーム。
ワンペア持ちのフラッシュドロー(ハート)のまま
iさんがたたみかけるように2連続のレイズ。
iさんが2ペア以上なのは私でもわかった。
がフルハウスはないだろうこともわかる。
もちろん、私がフラッシュドローなのも周知の事実だ。
あのとき、iさんが早い段階でオールインしてきたら
降りたかも知れないが、レイズに2度コールしているので
こちらももう後には引けない状態だ。
初心者にありがちな「フォールドしたくてもできない状態」に
まんまと追い込まれている。

が、私の方でも勝算がないわけではない。
場にはほとんどハートが出ていない。
オッズ的には十分、合う勝負だ。←ホントかなぁ~。
で、ターンでiさんのオールインにコールし、
配られた最後の1枚を祈るようにめくる。
いや、バカラ流に言えば、まさに「絞る」だ。

で、出てきたカードはハートの2。
からくも最後の1枚でフラッシュを完成。
まったくもって、運だけの勝利だ。

最後は笑顔でiさんと握手。
が、こんな素人プレイに年間チャンプを奪われてしまったのだから
本当に申し訳ない。
しかし、これがポーカーなんだなと一人しみじみ。

ちなみに、このときのディーラーはやっぱりotonnさん。
いや~、いい仕事しますね。
スポンサーサイト

あけみんさん、改めて、おめでとうございます。

> まったくもって、運だけの勝利だ。

こういうのは、運だけの勝利とはいわないはずです。iさんの
揺さぶりに耐えて勝負を挑んだ成果であり、まさに実力の勝利
といっていいと思います(と、とりあえずおだてておく)。

7スタッドというと、つい最近フルハウスを4カードでまくられた苦い
思い出があり、当分やりたくありませんが、いつかまた鍛えてやって
ください、では。

あけみん姐さん

私が上野で偶然出したのはストフラでした。
しかもタダのフラッシュだと思っていて、同じテーブルの人に
「ストフラじゃん」と言われて気づいたと言う間抜けさでした。

月末はご一緒できそうで嬉しいです。
仕事をバッチリ終わらせて行きま~す。

楽しみだなぁ。

「CSI]というドラマが好きです。
あのドラマの舞台がラスベガスでしたね。

TAIPAさん、お祝いの言葉ありがとうございます。
素直に喜んでおきましょう。
が、次回、相まみえる際は、打倒TAIPAさんで望みます。
土曜日にはtagamanが一人で上野に行くかもしれないので
たっぷりもんでやってください。

せりかさん、こんにちは。
あれ~、ストフラでしたっけ。
ハートだったことだけは、鮮明に覚えてたんだけど
とんだ勘違いでした。
確か、あのとき、3位か4位になりましたよね。
ちなみに、tagamanはホームデムでは何度もロイヤル出してるんだよ。
来週末の予定については、またメールします。

AKOさん、はじめましてでしょうか。
「CSI」は未見なのですが、
おもしろそうなドラマですね。
実はドラマおたくでもある私は、今晩さっそく見てみます。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。