04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって初優勝

さて、ポーカーだ。
実はラスベガス出発前までに
ミスターXから虎の巻きが送られてきた。
ライブポーカーをするうえでの心得書きだ。
その虎の巻きを懐にしのばせて、
いよいよ、ラスベガスポーカー修行に旅立った。

今回は、3泊5日とかなりタイトなスケジュールなのだが、
とりあえずは、トーナメントには最低3回は出ることを目標に
それ以外の時間はバイインが持ちこたえられるまで
できるだけ長くライブでポーカーを体験し
いろいろなパターンを自分なりに試してみようと思った。

最初のポーカーは宿泊先のマンダからはじまった。
ここはあまり、ポーカールームも広くなく、
レートも一番高いので5-10のノーリミット程度。
前回の訪問で、ほぼ毎日、通っていたので
何人かのスタッフには顔を覚えてもらっている。
特に前回訪問時、ゲーム中にボーッとしていたら、
「きみの番だよ」と教えてくれたディーラーに
「私?」と自分の鼻先を指さして聞き返したら大ウケした経験があり、
そのディーラーは私のことを見ると、いつも鼻先に指を持っていって大笑いする。
何がおもしろいのか、私にはさっぱりわからないが、
私も彼の姿を見つけると、鼻先を指さして大笑いさせてあげている。

で、最初に座ったのは、2-4のノーリミット。
ミスターXにはリミットをすすめられたが
マンダでは4-8のリミットまでしかなく、
みんながついてくる展開が予想されるため、
フロップ以降の打ち方がまだよくわかっていない私にはかなりキツイ。
なので、とりあえずは雰囲気に慣れる意味から
一番なじみのあるノーリミットに座ってみた。

が、やはり2-4では結構、みんながついてくる。
なので、セットを作ってもストレートで
まくられるというパターンが何度かあり、なかなかチップは増えない。
が、極端に減ることもなく、なんとなく、時間だけが過ぎていく。
寝不足気味なのもあって、途中、眠くてたまらなくなり、
5-10のノーリミットテーブルに移動する。

このテーブルは、さっきまでのテーブルと違い、
なかなかエキサイティングなテーブルとなった。
というのも、チップを2000ドルほど積み上げた
いかにもこなれた感じのプレーヤーが2人ほど座っており、
かなりアグレッシブなテーブルとなっていたからだ。
が、その分、プリフロップでのレイズ比率も高く、
さっきまでの2-4のテーブルのように、
ただカードが見たいだけでベットするプレイヤーは少なく、
ちゃんとした打ち合いができる雰囲気があった。

で、あるとき、私がBBのとき、SB以外が全員降りて
SBがコールしてきた。
そのとき、私のカードはAdTd。
レイズしても良かったのだが、久しぶりに参加したゲームだったことと
SBが先述の2000ドル近いチップを積み上げたプレイヤーの一人だったこともあり、
彼とのヘッズアップを楽しんでみたい気持ちが働いた。
で、私もコールで入っていった。
すると、フロップにはAdKcJdが落ちた。
ストレート目である。QTなんて、いかにも持っていそうなハンドだ。
相手がチェックで回してきたので、
私はストレートかどうかの確認の意味を込めて、30ドルほどをベット。
すると、相手はコール。で、次に9hがターンで落ちる。
またまた、相手はチェック。
私は相手がストレートドロー、もしくはフラッシュドローなのかもと思い
さらに40ドルベットしてみる。が、ここでも相手はコール。
で、リバーは8c。すると、相手はまたまたチェック。
Qが落ちれば、私もストレートだったので、ここまで打ってきたが、
この状況で打つことは、あまり意味をなさない気がしたのと
彼のハンドをぜひ、見てみたいと思ったので、ここは私もチェックしてみた。

で、ショーダウンであらわれたカードはAAだった。
ストレートの警戒はあったものの
まさかAAとは思わなかった。

おそらく、相手はストレートを警戒してのアクションだったと思うのだが、
私はストレートを持っていると思わせるよう
もう少し、厚くベットするべきだったのか、
それとも相手がチェックでまわしてきたのだから
私もチェックでまわすべきだったのか・・・。
フロップ以降の打ち方がわからない私には、
この辺りの感覚が今ひとつわからない。

もちろん、私はマックしたままカードを投げたのだが、
すると、SBの彼と同じくらい、チップのタワーを積み上げた
アジア系のアメリカ人プレイヤーのおじさんから
「きみのカードはATsだろう」と、ズバリ当てられた。
実は、このおじさん、各プレイヤーのカードを
ほぼ100%の割合で当てていた。
で、このおじさんは結局、この日、3000ドル以上を
このテーブルで勝っていた。

と、まあこんな風にド素人、超初心者の私だが、
トーナメントと同様にある程度、ハンドを絞って
レイズから入るアグレッシブなプレイを続けていたら
2日間で1000ドルほど、勝つことができた。
が、これはいずれもノーリミットの場合で
リミットでは結局、一度もプラスになることはできなかった。

また、今回は、オーリンズ、ベラージオ、
そして、マンダの3種のトーナメントに参加してみた。
初日のオーリンズは130人ぐらいの参加で、ちょうど真ん中辺りで終了。
2日めのベラは参加者50人程度で私15位、tagaman14位で終了。
で、最終日のマンダは参加者30人のトーナメントで決勝テーブルに残り、
最後の2人になったところで、相手にチョップチョップを申し出られ
その彼はポーカールームでもよく顔を合わすナイスガイだったので、
仲良く2人で賞金を分け合った。
なんちゃって初優勝だ。

実はオーリンズとベラの2つのトーナメントで
なかなかいい手が来ず、じり貧状態になってから
オールインするというパターンで連敗していたので、
マンダのトーナメントでは、ハンドに頼らないプレイを心がけてみた。
相手の癖やプレイスタイルをとことん観察して、
相手によって、ベットの仕方などを変えてみた。
もちろん、オーリンズやベラよりも
参加プレイヤーのスキルはマンダの方が未熟だったせいもあるが、
スチールもバシバシ決まり、ある程度のチップ量を持ったまま
決勝テーブルに進むことができたのが良い結果につながった気がする。

また、決勝テーブルでは最初のハンドがAAで
いきなり2人を飛ばしたものだから、非常に楽な展開となった。
私がBBのときには、誰もが勝負をさけているようだった。
また、私へのディールミスから配り直されたカードでTTがきたときも
ショートスタック2人のオールインにコールしたら
相手は44、A3sで、フロップ、ターン、リバーと何も起こらず
順当にチップを増やすことができたのもツイていた。
このとき、本来、私のカードはQTだったので、
とてもそのカードではオールインにはコールできなかっただろうから
いささかのラッキーも重なったことは重なったが、
とりあえずは最後の2人まで残れたことを素直に喜ぼうと思う。

まだまだ課題が山積みのポーカー修行だが、
今回の旅行でますますポーカーが好きになり、
ポーカールームではたくさんの友だちもできたし、実に充実した旅だった。

ところで、tagamanがれい様のブログにコメントしていてびっくりした。
本人、マイナスで終了したと思っているらしい。
あのときのtagamanは一体、いくらマーカーを切ったか、
わかっていなかったみたいだし、
最後の精算は私がしたから多少の混乱はあるとは思うのだが、
先にラスベガスを発つ私は、
「すでにプラスに転じてるから、今あるチップは自由に使っていいよ」と
確かにtagamanに言い残してホテルを出たはずなのに・・・。
そして、何より私のブログを読んでいれば、
マイナスで終了とは思わないはずなのに、なぜに?
我が夫ながら、不思議な人である。

まあ、本人がマイナスと思いこんでいるのだから、
ここは錯覚させたままにしておこうと思う。
で、浮いたお金はtagamanがまた暴走列車になったときの
緊急援助金として内緒で積み立てておくことにしよう。
なので、このことは皆さんもtagamanには内緒にしておいてね。
スポンサーサイト

theme : リアルカジノ
genre : ギャンブル

お待ち申しあげてました、あけみんさん。ついにお盆ベガストリップ、ポーカー編がアップされましたね。

リゾさんのHPで、マンダで優勝されたことは分かっていたのですが、ここまで祝福の言葉とっておきました。おめでとうございます。ライブ始められてまだウンヶ月くらいでの初優勝とは、各方面から賞賛の嵐だと思われます。

今後もテニアン、はたまた豪州、さらには次のベガスと、他のプレイヤーに恐れられ賞金チョップのオファーを毎回申し込まれるプレイヤーへとお互い成長しましょう。

えらそうなこと言ってライブで優勝経験どころかファイナルテーブルの経験もないmotoでした。しかし虎の巻の中身とtagamanさんとのコミュニケーション密度が気になる、、、。

あけみんさん 優勝おめでとうございます
私もトーナメントに3回挑戦しましたが、ストイックな日本と違って刺激がいっぱいあるLVでは集中力が持ちませんでした~これを負け惜しみといいます(笑)
ところで、「自分の鼻に指を指すと”私はバカです”という意味になるのでくれぐれも注意しましょう」と「ひとり歩きの英語自由自在 12ページ るるぶ社」に書いてあります。まぁ文化の違いのようですネ。次に笑われたら「リメンバーヒロシマナガサキ」とでも言って国際交流を図ってください(笑)

まってました。ポーカー編。
改めまして。おめでとうございます。

ポーカー編のお話も以前に比べれば読んでて
ドキドキするような臨場感を味わえます。
少しだけでもわかるようになって来ました。

南の島楽しみですね。
私も秘密特訓をつんでますので(秘密でも何でもないですが)
あけみんさんに見直されるようになりたいと思っています。

それにしても・・・。
ポーカーは楽しいですね(^_-)

あけみんさんコメントありがとうございました。自分はポーカーはあまりやったことが無いのですが楽しく読ませてもらいました。近いうちに風雲篇も書きたいと思うのでぜひともよろしくです。

motoさん、お久しぶりです。
そろそろ、ラスベガスへ出発の頃でしょうか?
6月のラスベガスでのmotoさんのオールイン@ウインの場面が
未だに脳裏に焼き付いている私です。
あのときは、本当にカッコ良かったですよね。
が、それ以上に私はmotoさんの「べしゃり」のファンですので、
ぜひ、また一緒に楽しいテーブルを囲みましょう。
王冠、私も行けるよう調整しようと思っています。
ちなみに虎の巻きの内容もtagamanとのコミュニケーション密度も
我が家のトップシークレットです。

ビッグ師匠、こんにちは。
なるほど、「私はバカです」だったのですね。
まあ、それで彼と仲良くなれたのですから、良しとしますか。
ところで、次回、ラスベガス帰還はいつですか。
またバカラ&クラップスをしているビッグ師匠を見てみたいものです。笑
師匠、ツラ切りに行ったらダメですよ。

せりか姫、秘密の特訓、お疲れさまでした。
いいなぁ、東京在住で。本当にうらやましい。
ミスターX、すっかり、せりか姫にとられちゃったもんね。
でも、どんどんポーカーにはまっていくせりか姫を見ているのも楽しいです。
一緒に頑張る仲間がいると、刺激を受けて、より一層頑張れるものね。
来週末、南の島で会えるの、楽しみにしてます。

五郎さん、ご訪問ありがとうございました。
こちらこそ、トラバありがとうございました。
カジノの話ばかりで、おもしろくないかもしれませんが、
また、時々、遊びに来てくださいね。
で、風雲篇、首を長くしてお待ちしています。

久しぶりです。
On the Top, おめでとうございます。
伸び盛りな状況を見ることができるの、いいですねぇ。
#やはし海外に足を運ぶ場数なのか…
#aki さんの例にしても(^^;

そんなわけで次回スト杯に来られるのを
首長くして待つことに。
(マンガの話、つきあえるかも知れません)
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。