08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカラでブラフ

マカオでのラスト1時間を書こうと思ったが、
どうにも忙しく、体も心も壊れ気味なので
とりあえずは結果報告を。

やはり、きっちりラスト1時間の時点で
tagamanに神が舞い降りた。
じり貧だったチップがあれよあれよと増え続け
5.5万香港ドルまで浮上。
が、決してツラが来ているわけではなく、
かなり難解な罫線だったが、
私が「次はどっち?」と聞くと、
なぜか、tagamanは自信をもって「こっち」と即答。
そして、それがホントに当たる。
途中からはtagamanが賭けるのを見て
他のプレイヤーも同じ方に賭けるという具合にゲームが進み、
みんなしてどんどん、チップを増やしていった。

が、なぜか、そんな好調なテーブルをクローズすると
ピットボスが言いに来た。
みんなして猛烈に抗議をするが、
ディーラーのシフトの問題であと2ゲームでクローズだと言う。
もちろん、ラスト2ゲームもきっちり勝利をおさめ、
次なるテーブルに移動。
ここでも最初の10ゲームまでは絶好調。

この男、本当にラスト1時間にやたらと強い。

が、ここで悪魔のささやきが。

いつもなら、サンズを10時半に出てホテルをチェックアウトし、
11時のフェリーで香港空港へと向かうのだが、
今回はwebチェックインをしているため、
あと1時間くらいはズラせるのではないかということになった。
こんなについてるんだから、後少しでタッチダウンの
いちょまんどる目指して、もう少しだけ続けようという
最悪な決断を下してしまう。

本来なら、私が止めるべきなのに
2人して負けることなど、考えもしなかった。

掟破りの時間延長。
当然、ラスト1時間の魔法がとけたtagamanは
やることなすこと裏目裏目でじりじりチップを溶かし、
最後の最後に一発逆転を狙った大勝負にも負け
あえなく、ジ・エンド。
人間、欲をかいたらいいことありません。
良い子のみなさんは絶対に真似をしないように。

いま巷で話題のGAKU'Sストラテジーのように
自分で決めたルールから逸脱しないメンタルコントロールを
身につけることがカジノでは非常に大切だと今回の旅ではよくわかった。
その辺りについては現在、リゾカジのゲーミング板で
非常に興味深い話題がやりとりされているので、
ぜひ、目を通すことをおすすめします。

さて、今回、一番印象に残っているゲームをひとつ。
それは、tagamanに神が舞い降りていた例のテーブルでの出来事。
30代前半くらいの男性が人なつっこい笑顔で
私たちの隣に座ってきた。
すると、彼はtagamanがついていることを知らないものだから
罫線を見て、彼のみtagamanの逆張りをしてきた。

で、プレイヤーのtagamanは絵札と7を引き、
その彼は最初の2枚がピクチャーで3枚目を絞りはじめた。
すると、カードをのぞき込んでいた彼が
私に向かって、「サンピン」と言ってきた。
私はテーブルの他のプレイヤーに向かって
「サンピンだって」と伝える。
すると、一斉にみんなが「チョイ、チョイ」の大合唱。
サンピンということは、6、7、8の可能性があるわけで、
点が一つでもつけば、引き分け。
2つつけば、こちらが負けで、その彼の勝ちとなる。

なので、他のプレイヤーは必死で彼のカードから点を消そうと
「チョイ、チョイ」と叫んでいるのだ。
彼の隣に座った私も、カードであおいで風を送り、
点を吹き飛ばそうと頑張った。

で、たっぷりと時間をかけて絞りきった彼がカードをポンと投げると
そこにあらわれたのは、なんとクラブの10。
まんまといっぱいくわされた。

サンピンとばかり思ってチョイしていた彼のカードは実はセイピンで
9か10の可能性があったのだ。
要は私たちは必死で、彼に勝たせる「チョイ」を叫んでいたことになる。

が、こんな意地悪をバカラの神様は許さない。
結局、彼は私たちの「チョイ」の大合唱の甲斐なく、
点が2つついてしまい、最悪の10を引いてしまったのだ。

みんなをだました彼は、バツが悪そうにそのテーブルを
すぐに離れて行ったが、
バカラテーブルでポーカーのようなブラフに合おうとは・・・。
カジノって、本当にいろいろな人がいておもしろいですね。

スポンサーサイト

お疲れ様&御愁傷様です。

私の方も火曜日から日曜の朝まで毎日マカオに通って敗者復活戦に挑戦しましたが、結果は惨敗。負け金額をさらに倍額にしてしまいました。

心の中に色々決め事があったのですが、負けたゲームはすべてそれを破っていました。守ったゲームでもとんとんに持っていくのがやっとです。

どのカジノゲームも賭け事である限りはメンタルコントロールが必要になりますが、バカラは特にメンタルの部分が求められる、いえそれしかないと言えるのではないでしょうか。

目が血走しりながら打っているようではその時点で駄目なんです。やはりリゾカジなんですから楽しみながらやらないと。今まで負けた金額をとりもどしてやろうと毎日通った事自体が間違いでした。

今回はいい勉強になりました。負けた金額はとんでもない金額になってしまいましたが、まだまだ風にはなりません。メンタル管理のところを徹底的に極めてみたいと思います。

ところで今日のトピックのブラフですが実は私も時々やる事があります。目的は単に笑いのうけねらいです。(やはり関西人なものですから)

うけねらいですからある条件下でしかやりません。
その条件とは
①周りの雰囲気が和やかである事。
  ぴりぴりとはりつめた雰囲気では誰もわらってくれません。
②自分が必ず負けるシチューエーションでやる事。
 プラフされても勝ってたら皆笑って許してくれます。自分が勝つシチューエーションでやったら、今回のようにどひんしゅくものです。
③自分がかけたサイドに他の人がかけていない事。
これも自分サイドの不必要な期待をもたせるとひんしゅくものです。

そういう意味では今回の人はやってはいけない事をやりましたね。

さまさん、こんにちは。
今回のマカオではあんなにお世話になったのに
何もいいところがなくて申し訳ありませんでした。
最後、サンズで別れるときも
正直、こんなによくしていただいたのに、何の貢献もできず、
さまさんの顔をまともに見ることができませんでした。
その後、私たちもさらに傷口を広げる結果となり、
カジノに関していえば、いいところなしでしたが、
珠海では素敵な時間をありがとうございました。
次回はぜひ、さまさんを接待したいと思いますので、
ポーカー講習会を企画して、必ず連絡しますね。
楽しみに待っていてください。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。