09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出


たがちゃんもマカオに行ったきり帰ってこないし、

仕事は鬼ほど忙しいし、

何のために生きているのかわからなくなったので

家出することに決めました。



みなさん、探さないでください。














っていうのは、冗談wで

実はちょっと前に羽田の国際線を利用した時に

鹿児島から家出してきたというおばあちゃんと出会いました。



香港からの帰りの便が少しディレイして

人もまばらの空港の到着ロビーで

ぽつんと一人座っているおばあちゃん。


私もその日のホテルをまだ取っていなかったので

ベンチに座ってネットで検索していたら

そのおばあちゃんが独り言をぶつぶつ。



歳の頃なら、70歳後半といったところでしょうか。

行く当てがないから、今晩はここ(空港)に泊まると言っています。



ええーっと、驚く私を尻目に

「あんな家、いられない」と、さらに独白は続きます。



すると、ほどなくお巡りさん登場。

体格のいい、やさしい目をした、そのおまわりさんが

必死の説得にとりかかります。




どうやら、このおばあちゃん、家出は今回がはじめてではなく、

以前もこのお巡りさんのお世話になったみたいです。




お巡りさんは事情もそこそこ理解しているようで

「大阪の娘さんのところには行けないんだよ」

「娘さんには娘さんの生活がある」

「息子さんだって心の底では心配してるんだよ」と

めちゃめちゃ親身に、そしてやさしく諭しています。




以前は空港のリフレッシュルームで何時間も居座って

おまわりさんのお世話になったみたいです。



所持金もほとんどないため、

今晩、行くところがないというおばあちゃんは

ここに残ると言い張ります。




なんとなく、話の流れでは、このおまわりさんが

自宅に泊めてあげちゃうんじゃないかなというくらい

おばあちゃんにやさしいおまわりさんと

孤独をもてあましているおばあちゃん。



私の方はホテルの送迎バスが来る時間になってしまったので

事の顛末は確認できないまま、空港を後にしたのですが、

お嫁さんとの折り合いが悪く

居場所のないあのおばあちゃんのさみしそうな横顔が

今でもふとした瞬間に思い出されて

心がきゅんと痛くなります。



9月19日は敬老の日。

あのおばあちゃんがせめて、

孫たちにはやさしくしてもらっていることを

祈ります。





アネモネ




写真は花言葉が「孤独」のアネモネ。



スポンサーサイト

No title

孤独という意味では私もですよ~

何があったかわかりませんが、まだ帰ってくる人がいるだけいいんでないの~

No title

前回の日記と同様、たそがれてますね。
家出したのは、あかの他人のバアさんの事なのね。
まぁ僕はジイさんと呼ばれる年齢になってもシングルかもしれませんが、たぶん何かに夢中になって孤独を感じないかもですw

No title

鮫ちゃん、孤独なのかー。

独身貴族を謳歌してるのかと思ってた。

まあ、私は何事もない毎日を送ってますが

所詮、人間は孤独な生き物ですよね。



ありちゃんは一人でも孤独を感じない派ね。

ここ最近のスロットサテも好調なようで

人生、エンジョイしてますね。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。