06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドドラゴン棋譜もどき

レッドドラゴンはデイ1Bに参加したのですが
今回も序盤に順調にチップを稼いで
自分的にはこのまま行けるんじゃないかと思ってました。

が、デイ2突入後のディナーブレイク後の急激なブラインドの上昇に
対応しきれず、結局、45位で自滅してしまいました。


まあ、そうは言っても前半は調子が良かったので
つらつらとその辺りの棋譜でも・・・。

最初に大きなポットを取ったのが開始2ハンドめで来たQQ。
実は初手がいきなりAKでテーブルの初ポット獲得も私でした。
なので、ちょっとハンドが来すぎかなと怖い気もしましたが、
1レイズに1人がコーっている状態でBBから3.5倍にリレイズ。
すると、オリレイザー降りて、ヘッズに。

ボードは973でダイヤモンド2枚。
私がポットの8割を打つと、相手3倍にレイズ。
私のQは一枚ダイヤモンドです。

さて、みなさんならどうしますか?
セットかフラドロか、ちょっと薄いですが
序盤なので56sのドロドロってのもありかもです。

いつもの私なら、ちょっとコールに躊躇したかもしれません。
が、一応、保険でAK滑りのフラドロにも見えるよう、
間髪入れず、スムースコールします。

このときの私の脳内は
開始早々だったため、相手プレイヤーの打ち筋がわからず、
フラドロかセットか読み切れないまま
とりあえず、もう一枚ダイヤモンドが落ちたら
先打ちしようと心に決めてのコールでした。

すると、もう一枚、ダイヤモンドが落ちたので
最初のストーリー通り、ポットの8割をベットします。
すると、今度は相手がジャストコール。

ゲゲッ、もしかしてフラッシュできちゃったの?

おそらく、ここでリレイズされていたら降りていたと思いますが、
ナッツフラッシュならコールにとどめるだろうし、
まだ、この時点では相手のハンドが読み切れていませんでした。

ただ、ぼんやりですが、
ボトムセットくらいなのかなぁ~ってのがこのときの私の予想でした。

すると、リバーにもう一枚ダイヤが落ちます。

ただ、ナッツフラッシュでないという確信もなかったので
オールインされてもコール覚悟でチェックすると相手もチェック。
私がQハイフラッシュを見せると相手マックで
いきなり1.5万超えです。

やっぱ、セットだったみたいですね。

実はこれで半分以下にチップを減らしたこのプレイヤー、
決して下手なプレイヤーではなく
その後、2時間後くらいにAAで完全復活するのですが、
そのときにわざわざ対面にいる私に
「きみに取られたチップをやっと取り返したよ」と話しかけてきて
「あのときはセットだったんだよ」って言ってきたので
「知ってるよ。3のセットでしょ?」と聞くと
「その通り。ターンでリレイズすれば、きみのフラッシュはなかったね」と
あの1手を相当、後悔しているようでした。

いや~、私もこれまでの人生で何度フロップセットを
フラッシュでまくられたことか。
あなたの悔しい気持ち、よ~くわかるよと、
彼に対してめちゃめちゃ親近感を覚えたのでした。

その後は適当にスチールしつつ、
テーブルチップリをずっとキープしつつ
ポーカーニュースに紹介された場面へ。

アーリーからショートオールインが入っているところへ
私、AJでBBの3倍にレイズ。

ジャストコールでアクティブと打ち合うのは避けたかったので
ヘッズにしたくてのレイズです。

が、意に反して、運悪く同テーになったせりかっちコールで
フロップにAが落ちたので先打ちすると
せりかっちフォールド。

で、ショートはKハイとかで、まずは1人めのバウンティ。

記事ではプリフロオールインになってますが、
さすがの私もポジないところからオールインはできません。

その少し後にせりかっちがミドルポジションからリレイズオールインした場面。

前は全員降りてBBの私の番に来ました。

ここまでせりかっちはずっと我慢のポーカーで
ほとんどゲームに参加していません。

降りる気満々で1枚目のカードを見ると、「A」。
で、Q以上なら、コールしようかなぁ~と思いつつ、
もう一枚を見ると、なんとまたもや「A」。

今滞在中、最初で最後のAAがよりによって
せりかっち相手とは・・・。

ということで、何起こらず、本日2人めのバウンティ。
自分でも怖いくらい、調子のいい出だしでした。

で、今回、一番長考するシーンへと来ます。

このときはHJからAJで3倍レイズすると、
BBだけがコーって見に行ったボードが
JJXでクラブが2枚。

私にクラブはありません。

相手プレイヤーは日本の方で
先にポットの7割打ってきたので
フラッシュ引かれるのも面倒なので3倍レイズ。

すると、あまり考えたふうもなく、コールされ
ターンでクラブがもう一枚落ちた瞬間に相手オールイン。
絶妙のタイミングでした。

実はこのとき、私がテーブルチップリで
相手の日本の方がセカンドチップリ。
お互いにチップを持っている者同士でのぶつかり合いでした。

なので、コールして負けると残り2000点くらいになるので
相当悩みました。
何度もチップを手元でカウントしては戻しを繰り返し、
相手プレイヤーの顔をガン見しますが、
まったくわかりません。

アンノンプレイヤーのテルを見抜くのって
やっぱ、今の私のレベルではできませんでしたw

でも、KJでもここはオールインしてくるシチュエーションですし、
トーナメントはまだまだ序盤。
こんなところでトリップスを捨てていては上には行けないと思い、
意を決してコールすると相手の方、ストーンブラフのドローイングデット。

これで一気に序盤で4万点越え。

ポーカーって楽しいーっ!!
って、本気で思った瞬間でした。

ってことで、とりあえずはデイ1は突破。

ただ、総チップ量に対してブラインドの上がり方がきつく
中盤で攻めきれず、
デイ2のディナーブレイク後からどんどんチップを減らしてしまいます。

ショートになるまでに途中、なんどか飛び込む場面はあったのに
思い切れないダメな私がいました。

その結果、一時期は3BBまでチップを減らしたものの、
ブラインドヘッズでSBからのノールックオールインを
BBのKTで受けてまずはダブルアップ。

その直後に今度はAJで1レイズ入っているところにかぶせてオールインすると、
レイザー、悩んで「ギャンブルコール」と言いながら
67sで受けてくれてリバーJでダブルアップと息を吹き返したものの
最後はAKでオールインすると77がいて
ボードに何も落ちず、終了となりました。

以前の日記にも書きましたが、
AKでバストする前に2度ほどオールインシチュエーションがあったのですが
1度目はAJで、2度目はAKでオールインするも
その両方ともに同ハンドのプレイヤーがいてチョップに終わり、
チップを増やしきれなかったのが痛かったですね。

まあ、それ以前にブラインドに対するギアの切り替えができず
完全にスチール&リスチール不足です。

というわけで、レッドドラゴンで猛省したものの
次のトーナメントでもその反省を生かし切れなかったダメな私の話は
また明日にでも。
スポンサーサイト

theme : ポーカー
genre : ギャンブル

Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。