07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオトナメまとめ

この三連休は中日に仕事が大量に入ってきて
どこにも行けず、残念な週末となりました。
まあ、その前週にちょっと早い夏休みをもらって
マカオに行ってきたんですから
少しは我慢して仕事しなきゃダメなんですが。

で、今さらな感じですが
とりあえず、簡単に今回参加したマカオのトーナメントのまとめなど。

今回は合計4つのトーナメントに出ましたが、
初日はラスト3テーブルでバスト。
スタートテーブルはipuniさんと隣同士で
お互いにちょっとやりづらかったりもしましたが
残り3テーブルのところでアウトとなりました。

たぶん、25位くらい?

この日はハンドがあまりボードとかみあわず、
序盤は苦しみました。

ターニングポイントは99で3wayオールインに勝ったとき。
このときのシチュエーションは
UTGから一人レイズ、それに一人コールの状態から
ボタンがリレイズオールイン。
でBBの私の番です。

このとき、チップは12BB程度。
みんなにチップをカバーされています。
いつもの私なら、普通に99はフォールドです。
だって、6オーバーカードってことは十分考えられますから。

が、今日のハンドの冷え加減からいって
これ以上待ってもいいことにはなりそうにないし
ここで4倍アップできれば、後がラクになると思い
ギャンブルコール。

すると、オリレイザー、降りて、コーラーのみコール。
で、開いたハンドはコーラーKKに、リレイザーAK。
まあ、予想通りのハンドです。

気合いで引くしかありません。

すると、フォールドしたオリレイザーの方が日本の方、
・・・たぶん、buddhaさんという方だったと思うんですが、
「自分もAKだった」と
めちゃめちゃいい情報を教えてくれました。

この瞬間、なぜだか絶対に「9」が落ちると確信。

で、開いたフロップの1枚目でいきなり9。
この時点でKKはドローイングデッド。
ターンでAは落ちず、トリプルアップです。

普段の私は相手のハンドリーディングばかり重視していて
こういうギャンブルをあまりしません。
負けていると思えば、あっさり降りるため
相手をバッドビートでサックアウトするってことはあまりなく、
逆にバストするときは大抵がサックアウトされるってパターンです。

基本、タイトなので仕方ないのですが、
でも、やはり、上位に行こうと思えば
「引く力」や「引きに行く度胸」が時にはとても大切になってきます。

有名プロは確かにプレイ自体がとても上手ですが
確率を凌駕する「引く力」にも秀でていると思います。

まあ、そんなこんなでチップも増えて
かなり楽な展開となりましたが、
最後はブラインドヘッズとときにAJでレイズすると
相手からオールイン要求され、
コールと相手44で、フロップでAヒットするも
リバーで4が落ちて終了。

このときBBだったプレイヤーはシンガポールのオンラインプレイヤーで
その後、このトーナメントで3位になってました。

彼とはその前のテーブルでもずっと隣同士だったので
かなり仲良くなって、いろいろ話したのですが
生まれてはじめて
「シンガポール人?」って外国人に間違われましたw

どう見たって、まったく凹凸のない私の顔は
典型的な日本人だっつうのwww


で、2日めはすでにご報告の通り、
残り2テーブルでバスト。
一応、12位でインマネはしましたが
一時、チップリに立つなど、
上位を目指せる位置にいただけにすごく残念でした。

この日はアンテがない変則トーナメントだったのですが、
かなりアグレッシブに序盤から攻めました。

AKやAQではリレイズはめったにしない私ですが、
香港のプレイヤーはとにかくリスチールが大好き。
AXとかでもプレミア主張でガンガン、リレイズしてきます。

なので、相手プレイヤーを必要以上にリスペクトするのはやめて
こちらもガンガン、リレイズしまくりました。

序盤、大きなポットを取ったのは
テーブルチップリがレイズしているところに
AKで私がリレイズした場面。
すると、相手プレイヤーがオールイン要求してきました。
もちろん、チップはカバーされているので
このときばかりは相手プレイヤーをガン見して長考しましたが、
頭の中ではアクションはすでに決まっていました。

今回のマカオではプリフロのAKは絶対に降りないと決めていたので
コールを選択すると相手AQで
何も落ちずに、テーブルチップリに。

今度はアーリーからAQでレイズすると
同じ相手がBBからジャストコール。

ボードにAA9と落ちて、相手ベットに対して
キッカーで十分勝ってると思ったのでレイズしたら
またまたジャストコール。

すると、相手、フロップが開く前にオールイン。

ターンはKが落ちてました。

プリフロのアクションからAKはないと思いましたが
もしかしたらA9ってことは十分あるのでちょっとだけ考えました。
でも、このときは私のチップ量の方が上回っていたので
覚悟を決めてコールしたら、相手、今度はAJで
リバーラグでギリギリ勝ちました。

ここからは毎ハンドのようにレイズして
チップを量産していき、
絶対にファイナルは確実だなと自分でも思っていました。

が、ラスト3テーブルのときに隣がおぎりんさんで
結構、ブラインドヘッズになるときが多く、
そのときに限って、私にKKとかAKが入ってて
スチール気味のおぎりんさんのレイズにかぶせて降ろすという展開が続き
3回目のブラインドヘッズで
今度はおぎりんさんがブラインドの20倍以上のオールインを敢行。

で、このときも私、9ポケでコールすると
おぎりんさんK4。

テーブルのみんなは「大丈夫」って言ってくれたけど
フロップKでチップの3分の1を失います。
これ、正直、痛かったです。

でも、一番のミスプレイはtagaちゃんのUTGからのレイズに
JJでリレイズオールインしたシーン。

tagaちゃんはショートだったので
もし負けてもチップは残るし
AQくらいかなとふんでオールインしたのですが
まんまAAでした。

フロップにAが落ちていたので
あそこでtagaちゃん相手にオールインしなくても
コールでとどめていれば良かったかなと反省。

で、この後、急にハンドが入らなくなり、
なおかつ、ブラインドが高くなるので
ほぼ毎回、誰かがオールインというシチュエーションが続き、
ブラインドで削られ最後はショートに。

で、最後も結局、tagaちゃんのレイズに8ポケでコーったものの
いきなりフロップでダイヤモンドが3枚落ちて
KQでフラッシュ作られて終了でした。

まあ、知らない人にチップを貢ぐよりは
tagaちゃんに渡せて良かったかなと
ちょっとだけ自分を慰めましたが
でもやはり、あそこまで行ったら最低でもファイナルに行きたかったと
悔しさの方が大きかったです。

結局、私のチップを食べたtagaちゃんが7位でおぎさんが8位でした。

ということで、かな~り長くなったので
続きはまた明日。

スポンサーサイト

theme : ポーカー
genre : ギャンブル

ひくチカラ

インリョクって、ホント大事なんだよなぁ~。

でも、どんなトナメだったかよく判ります。
書き手がいいんだな。

次も待ってるよ~。

No title

BBさん、どうも~。

自分のことを今まではずっと
相手に引かれても自分では引けない女だと
思ってきましたが、
それは間違いで、「引いてでも勝ってやる!」というところまで
自分の気持ちを持っていけれなかった
弱気なポーカーをしてたんだなと少々反省しています。

BB先輩を見習って、とりあえず、目力から入れ直してますw

No title

今頃見ました!

お疲れ様でした!
またどこかの大会でお会いしましょう。

No title

Buddhaさん、ご訪問いただき感謝です。
あのAKを降りれたのはすごいなって思いました。
ぜひ、また一緒にプレイしたいですね。

ちなみに、例の場面、buddhaさんがAKなので
KK、AKともにフロップの時点で
ドローイングデッドでしたね。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。