10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ

国内ポーカー旅打ちの続きを書こうと思ったけど、
昨日、久しぶりに良い映画に出会ったのでそのご紹介を。

20080111123116.jpg



『善き人のためのソナタ』

舞台はベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。
ナチス時代のゲシュタポと比較される
秘密警察・諜報機関「シュタージ」の忠実な局員であるヴィースラーは
劇作家のドライマンとその恋人で舞台女優でもあるクリスタという
一組の芸術家を監視する使命を受ける。

が、彼らの自由な思想や愛の言葉、そして美しいピアノの旋律を耳にするうちに
ヴィースラーは今までに知ることのなかった新しい人生に目覚めていく。

主人公のヴィスラーはあまり台詞を発しない。
それでも彼の心の動きがその表情や
ちょっとした行動から如実に伝わってくる。

だから、私もここで多くを語ろうとは思わない。
私が何かを言うよりも、実際に観てもらう方がきっと良いはずだから。

日本公開は昨年の2月で、
2007年度のアカデミー賞外国語映画賞にも輝いた話題作だけに
すでに鑑賞されている方も多いと思いますが、
まだの方はぜひ、この週末にでもどうぞ。
スポンサーサイト

theme : ★おすすめ映画★
genre : 映画

この映画、僕も見ようと思って、まだ見てない映画の一つです。
実はこの映画のことを知ったのは、フランクフルトの近くに住んでいるマイミクさんから薦められてのこと。
主人公の人かどうだったか忘れたののですが、
映画に登場する役者さんが、最近、胃がんか何かでなくなられたそうなんですね。
実はその役者さん、東ドイツの人で、ベルリンの壁を越えて逃げていく同胞を、射殺する仕事をしていたそうです。
これが長年のストレスとなり、
胃にきてしまったんだとか。
映画と現実が奇妙にクロスして、
なんともいえないですよね~。

ハコリーチさん、初コメント、サンキューです。

ちなみに公開後、急逝したのは
主人公のヴィースラー役の俳優さんですね。
ホント、いい映画だったので観たらぜひ
お酒でも飲みながら、感想など聞かせてくださいな。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。