09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎりぎりインマネ

ということで、ターン以降を見ずに
離席したプレイヤーのおかげで
なんとかファイナルに残ることができた私。

が、テーブル合体すると、
そこには巨大なチップのタワーを築くプレイヤーが2人。

もう、半端じゃないチップ量です。

相変わらず、私はショートの部類で
下から2番目のチップ量。

インザマネーは9人からなので
このうち1人がバブルとなります。

で、普通なら、ここでバブルの人への救済募金が
集められるのですが、
座るやいなや、すぐにゲームがスタートしてしまい
正真正銘のバブルをかけた戦いがスタートします。

すると、なんと、ファイナルの初手で
チップリの1位と2位がぶつかります。

セカンドチップリのレイズをチップリが受け、
ターンでチップリのチェックにセカンドがベット。
それをチップがコールして、ターンが開かれた時点で
チップリが先にオールイン。

セカンドチップリはノータイムコールです。

ボードにはハイカードは1枚も出ておらず、
772、3、8が落ちています。

で、開いた2人のカードは
なんと、チップリが3ポケに対して
セカンドチップが2ポケ。

お互い、フルハウスのがちんこのぶつかりあいでした。

これでチップリは総チップ量の7割くらいを
持つことになりました。

しばらくして、休憩になると
どうもウインのデイリーの常連らしい
そのチップリがみんなにディールを申し出ます。

どうやら、早く終わらせたかったようで、
1位が4000、2~9位は各1000ドルちょっとでどうか
みたいな提案をします。

が、あまりにチップリ有利の提案に
現状、2位、3位は頑として首を縦にふりません。

で、ゲーム続行。

ほどなく、ショートだった人が一人飛び。
チップ量的には次に飛ぶのは私のようでした。

ハンドは74で3本を作って以降
まったく入らなくなっています。

しかし、一周でかなりの額のブラインドとアンテが
削られていくので
歯をくいしばってスチールするしかありません。

A5で1回、KTで1回、それぞれスチールに成功し、
少し、チップを盛り返します。

そして、やっと、AKが配られます。
リンプが一人いたけれど、
ここは行くしかないと腹を決めていると
私の一つ手前のかなりクレバーなプレイヤーが
4倍レイズします。

これまでの打ち回しからして
このレイズはポケットの可能性も高いですが、
ここは歯をくいしばってコールします。

もちろん、リレイズオールインという選択肢もありましたが、
彼の方がチップ量が多かったので
とりあえずは、AかKを確認したい、
そんな思いでのコールです。

すると、AA3と実に理想的なフロップが開きます。

これまでの彼のプレイを見ている限り
この局面で3のポケットでレイズを
するようなタイプではありません。

絶対にハイカードの組み合わせのはずです。
ここはチェックだろうな、
その場合は少しくらい打つべきか、
チェックレイズするべきか、といろいろ考えていると
なんと、彼は予想外のオールイン。

A3本のKキッカーですから、私はノータイムコール。
KK持ちでターンにKが落ちるなんてことだけが
ないことを祈って、お互い、カードオープン。

すると、彼もAK。
ともにスーテッドながら
ボードに同じマークが3枚以上落ちることなく
チョップとなります。

ここでチップをあまり増やせなかったのが
後々、響くことになります。

その後、チップ量4位のプレイヤーが
チップリに吸収され飛び。

これで私の7位以上が確定。
よって、獲得賞金も1000ドルを超えました。

で、私、BBのときに待望のAAが到着。

心の中で「誰かレイズしてくれ~」と祈るものの
一人のコールもなく、さきほどAKでチョップになった
SBの彼がA2を見せながらダウン。

A1枚あるなら、コールくらいしてくれても・・・。
WSOPのときのAAとまったく同じ結果。

ただし、チップリがもう一人、飛ばしてくれたので
私の6位以上が確定。
その後、スチールしたり、されたりで
あまりチップ量の変動なく、何回か目の休憩後、
私、BBのときにまたもや、隣の彼とブラインドヘッズとなります。

彼、4倍レイズです。
私のハンドはJJ。
彼のレイズですから、2オーバーの確率はかなり高いです。

ですが、ここで降りるほど、チップ量に余裕のない私は
リレイズオールイン。
すると、彼、ちょっとしぶしぶコールです。

「きみはたぶん、ポケットだろ?
 でも、僕はポケットじゃないんだよ」と言っています。

で、開かれた彼のカードはAKo。
やはり、2オーバーでした。

が、フロップでいきなり、AAxと落ちて
その後、ターンでKが落ちるおまけつきで終了となりました。

テーブルを去るとき、
「女性なのにとってもタフだったよ。グッドゲーム」と
プレイヤーみんなから握手を求められ
ちょっと、感動したりもしました。

いや~、最後の最後にインマネできてホッとした私。

今回のLVはAAでいっぱい負けたけど、
たくさん学ぶことのできた良い旅でした。

ということで、いよいよ、2500ドルイベントについて
明日から書きはじめますね。
スポンサーサイト

theme : ポーカー
genre : ギャンブル

v-424v-425 拍手
こんにちは。ゆいです。
最後の握手のシーン、本当に良かったです。
うむ、でもタイトーなプレーヤーの彼のAK。
フロップAAxにおまけにKまで落ちるなんて;

やっぱ知力だけじゃなく運がないと
駄目だと思わせてくれました。

次回もよろしくお願いしますe-247

ゆいさん、いつもコメントありがとう。
AKの彼とは最初のテーブルから一緒だったんだけど、
序盤もずっとタイトで全然参加しなかったんだけど、
はじめて参加したゲームで
ポットを獲得した後にオープンしたカードは完全なブラフ。
タイトなだけでなく、
ブラフも適度に織り交ぜた良いプレイヤーでした。
まあ、彼に飛ばされたのなら本望です

なーる~!e-399
そうでしょうねーずっとタイトにゲームしててやっと初めてゲーム参加したのなら、誰もが何かすごいカードを持ってるに違いないと思うでしょうね。ブラフもグッドハンドも適切に交ぜて駆使できるんだったらそれはきっとすごいプレイヤーです。v-17
よーし、あたしも頑張ってそのようなプレイヤーになろう~v-91
あけみんさんいつか一緒にゲームしましょ!e-291 o(^0^)o
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。