10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールイン要求

さて、モンテのリングゲームのお話の続きを。

前日、フラドロを引かれてAAで負けた私は
なくした200ドルを稼ぐために
最終日の深夜、モンテのポーカールームに座っていた。

昨日のフラドロおじさんは今日はいない。

そのかわり、いかにも小金持ちのアメリカ人といった感じの
ちょっと格幅のいいおやじが
さっきからプリフロでありえない額のレイズばかりして
ちっともフロップが開かれない。

ウイスキーをずっと飲み続けているので
たぶん、酔っぱらった勢いも手伝って
レートに合わないレイズを連発しているんだろう。

ポーカーをするためにテーブルに着いているのに
フロップが開かないので肝心のポーカーが
まったくできないこの状態というのは
かなりストレスを感じる。

おそらく、そのレイザーおじさんのハンドなんて
きっとたいした手ではないばすだ。

それでも、私の方もちっともハンドが入らず
なかなかコールすることができず1時間ばかりが過ぎた。

そんなとき、待望のKKが配られる。
これなら、なんとか、あの酔っぱらいのレイザーおじさんとも
勝負できそうだ。

ミドルポジションから私、5倍レイズ。
すると、レイザーおじさん、3倍にリレイズ。
相変わらず、強気だ。

でも、こちらも待望のプレミアムハンド。
さらにレイズしようと、
手元でチップを数えはじめたそのとき、
レイザーおじさんが私に話しかけてきた。

「いいよ、チップなんて数えなくても。
 だって、きみがレイズしたら僕はリレイズオールインするから
 やるなら、オールインしなさい。
 レイズなんてやってたら、時間の無駄無駄」と言うのだ。

ベットのアクションでオールイン要求されることは
ポーカーではよくあることだが
三味線でオールイン要求されたのははじめて。

そこで、私はつたない英語で
「私はプリフロのオールインは好きじゃない。
 だって、私はポーカーをしに来たんであって
 コインゲームをしに来たんじゃない」みたいなことを言ってみた。

で、再び、レイズするチップを数えようとしたら
またまた、レイザーおじさんがのたまう。
「だから、レイズされたら私はオールインするって言ってるでしょ?
 だから、きみもオールインするか降りるかどちらかにしなさい」

で、私はさらに
「さっきから、ちっともフロップが開かなくて
 こんなのポーカーじゃないし
 私はポーカーしたいのよ」と必死で言ってみる。

まあ、彼の挑発に乗ることなく、
さっさとレイズしちゃえば良かったんだけど、
そのレイザーおじさんがあまりにしつこく
レイズするならオールインしろってうるさくて
だんだん、私もイラついてきた。

というのも、その直前にシーザスのトーナメントで
AAを45の2ペアで転がされるという
バッドビートに合ってきた直後だったからなおさらだ。
いっそのこと、オールインしてしまおうかとも思ったが、
でも、私のハンドはKK。
オールインするなら、できれば、Aなしを確認してからにしたい。

すると、ちょうど、トーナメントから帰ってきた
せりかっちがポーカールームにやって来て
「どうしたの?」と近づいてきた。
事情を話すと「何持ってるの」と聞かれたので
「じゅうさんとじゅうさん」と日本語で答えると
「行けばいいじゃん」と一言残して
喫煙場所へと消えていった。

その間もレイザーおじさんはさっきから、
「オールイン、オールイン」を連呼。

おそらく、ここは相手の挑発にのらず
リレイズするのが正しいアクションなんでしょうが
このときの私はAAの件や昨日のフラドロの件などで
むしゃくしゃしていたため
「いいわよ、その勝負乗った。
 オールインして負けても勝っても
 今日はもう私は家に帰るわ」と言って
手持ちの200ドル弱を前に押し出した。

ところが、ここでレイザーおじさん、
「俺はオールインなんてしないぜ」と言って
99をオープンしながらフォールドしやがった。

もちろん、プチッと私の血管が1本切れた。

「オールインするってさんざん言ったじゃないの。
 今さら、フォールドなんて信じられない」と私が言うと
ことの成り行きをずっと見ていたディーラーが
レイザーおじさんに向かって
「私もあなたがオールインすると言ったのを聞いた。
 たぶん、ここにいる全員が聞いたはず。
 だから、あなたは彼女のオールインを受けなければならない」
と大岡裁き並みの粋な言葉を言ってくれた。

が、レイザーおじさん、ガンとして手元のチップを離さない。
「俺は自分のアクションのときには
 一度だってオールインとは言っていない。
 彼女のアクションのときにちょっとふざけて言っただけ」と
かなり苦しい言い訳を主張。

呆れた私が自分のカードをマックしようとしたら
隣の席のおにいちゃんが
「ダメダメ、そのカードは大切にホールドして。
 たぶん、フロアーが来てオールインってことになるから
 カードは捨てちゃあダメだよ。
 みんなきみの味方だよ」と言ってくれた。

ほどなく、フロアーがやってきて
いやがるレイザーおじさんをなんとか説き伏せ
結局、その勝負は二人でのオールイン合戦となった。

で、ディーラーに促されて私はKKをオープン。

開かれたボードにAも9も落ちることなく
無事、ダブルアップに成功。

レイザーおじさん、非常にバツが悪そう。

私も昨日の200ドルを奪回できたし、
もう、ここでプレイする気にはなれなかったので、
公約通り、「帰るね」と言って席を立った。

隣の若いおにいちゃんが最後、握手を求めてきた。

早口の英語でよくわからなかったけど、
「あいつをやっつけてくれてサンキュー」みたいなことを
たぶん言ってたと思う。たぶん・・・。

その後はエクスカリバーへ移動して
まったりポーカーでLV最後の時間を楽しみましたとさ。

ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

theme : ポーカー
genre : ギャンブル

わおー あけみんさん、カッコイイです!v-218
今日もお蔭で楽しい現場の勉強になりました。
ありがとうございます~
これからもカッコイイプレーをよろしくお願いします~いつも応援してますよん!v-505 *^0^乃

ゆいさん、いつも読んでくれてサンキューです。
私なんて、全然かっこ悪いですよ。
だって、相手の挑発に乗っちゃってるんですから。

ポーカーでいかにチルトにならないか。
これってホントに大切ですよね。

韓国でのポーカー普及、頑張ってね。
Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。