11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラドロオールイン

今回はトーナメント終了後は
ホテルに帰って、リングゲームを楽しんだ。
4日間ほど通ってプラス500ドルほど。
勝ち分は少ないけど、
平均1、2時間ほどしかしなかったので私としては上出来。

が、今回のリングゲームでは
今まで経験しなかったような出来事がいくつかおこった。

その一つが、またまたAA持ちのときのこと。

その日はなぜか、3時間あまりの間に
AAが4回も来ていて
そのうち2回はリバーまで行くことなく勝てたが
3回めはボードにストレート目ができて
相手のオールインにフォールドして負け。
と言う感じで2勝1敗のペースで来ていた。

で、問題の4回目のAA。

プリフロで1レイズ入っていたので
プリフロで終わってもいいやという気分で
3倍リレイズする。

すると、オリジナルレイザーは降りたものの
一人コールでついてきた。

この一人はおそらく、ポーカープロ。
といっても、トーナメントなどで華々しく活躍するプロではなく
リングゲームで日々の生活費を稼いでいるといった感じのプレイヤー。

その日のポーカーテーブルでは
誰よりもしたたかで、誰よりも慎重かつ大胆に
チップを稼いでいた。

で、ヘッズアップになって開かれたボードはQT3。
そのうち、Tと3がクラブだ。

アクションは相手から。
すると、ここで相手はオールイン。

おそらく、相手は
プリフロップの私のリレイズを見て
私のハンドをAA、KKと読んでいるはず。

そこへオールインということは、
QTの2ペアか、フラッシュドローなのだろう。
プリフロの打ち方を見ていると、
QQの線はなさそう。

でも、私のハンドをAA、KKと読んでいるなら、
2ペアでオールインすることはまずないだろう。

やはり、本線はフラッシュドローなのだろう。

さて、困った。

そのときの私のチップは700ドル。
200ドルバイインからのスタートだから500ドルの勝ち。
一方、相手のチップ量は600ドル弱。
ポットは100ドル弱。

現状ではおそらく、私の方が勝っているが
相手のアウツはかなりある。
これまでフラッシュドローは、
自分では引けないけれど、相手にはよく引かれている経験上、
いまここで降りれば、450ドルの勝ちは温存できる。

「負けて勝つ」道を選ぶべきか、
現状勝ってるんだから、そのまま突き進むべきか。

う~ん、困った。

と、ここで迷っている私に
相手プレイヤーはクラブのQを一枚表に向けて
私の前に差し出してきた。

「どうする?Qのセットかもしれないし、2ペアかもしれない。
 もしかしたら、フラッシュドローかも知れないけれど
 きみは、勝負する勇気はある?
 もちろん、降りても全然かまわないんだよ」と彼は言っている。

ゲームの途中で相手カードを見せられたのは初めての経験。

ここで、もう一度、自分のカードを確認する。
確か、私のAは一枚がクラブだったはず。

ここで降りたら、次からはずっと同じようなパターンで
降ろされ続けるような気がして
「たぶん、あなたはフラッシュドロー。
 でも、私も一枚はAのクラブ。
 ここはお互い、ギャンブルタイムね。
 どっちが引けるか、勝負しましょう」と言って
私はコールを選択した。

もちろん、クラブが3枚なら相手の勝ち。
クラブ4枚なら私。
クラブが落ちなくても
相手がツーペア以上にならなければ私の勝ちだ。

で、お互いがカードオープン。

相手は予想通りのQc9cのトップペアのフラドロ。

開かれたカードは
ターンがragに対してリバーはクラブの5。
相手のフラッシュ完成で私の600ドルが
相手の手元へと引き寄せられた。

これで明日のベネシアンのエントリーフィーが消えてしまった。

ちょうど、このとき、今日が最終日という
社長がモンテに遊びに来ていて
「新しくなったバカラルーム行こうよ」と誘いに来ていた。

で、当初は一緒にバカラルームに行く予定にしていたが
これで状況が一変した。
なくした600ドルを回収しなければ。

ということで、社長にバカラ行きを断って
そのまま、そのテーブルでゲーム続行。

ここからはJ6でリンプして
フロップフルを作ったり、
A6でまたまたフルハウスを作るなどして
オールイン2連勝で400ドルまで復活。

最終的には500ドルまでいったけれど、
残り3人となってテーブルブレイクでその日は終了。
結局、当初の勝ち分からすると200ドルのマイナスで終了となった。

う~ん、なんとしても、ここモンテで
あの200ドルを奪回しなければ・・・。
と、思っていたら、翌日、案外あっさり、
この200ドルは返ってきた。

が、ちょっとした事件もおまけでついてくるのだが、
そのお話はまた次の機会で。

スポンサーサイト

theme : ポーカー
genre : ギャンブル

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バカラグラス大図鑑

バカラグラスの種類って多すぎて、どんな特徴があるのか調べていたら整理されたサイト...

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。