04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のツラ追い人

さて、マカオ旅行も一段落したので
ラスベガス旅行の続きを少し。WSOPバカラ篇だ。

が、その前に私のプレイスタイルをちょっとおさらい。

私は決してツラ追い人ではない。
とっても素直に罫線を読む人。
たとえば、PBPBPBPBPPとなったとき
ツラ追い人なら、「ここで落ちないと勝てない」と言って
Pに張るところだろうけど、
私は「このPはちょっとした間違い」と考え
次の目は何の迷いもなく、Bに張る人だ。

もちろん、当たる場合もあるし、はずれる場合もある。
で、仮に私の予想がはずれてPがもう一度来たときに、どうするか。
マカオ篇でも書いたように。実はここで私は全力「見」なのよね。
でもって、ここから怒濤のPツラが仮に来たとしても
じっと我慢して、「見」を続ける。
どんなに同席のプレイヤーが「ツラだから賭けなさい」って
やさしい言葉をかけてくれようが、じっと我慢。

だって、横走りだと信じている私が途中から乗って
もしも仮にツラが切れたりしたら、それこそ皆様に申し訳ない。
だから、ツラに乗り損ねるケースも少なくない。

が、今回のラスベガスの最終日は、
これでもか、これでもかというくらい横ツラが続いた。
時々、2目落ちることもあるけど、
「それはちょっとした間違い」と思える私は
ずっと、テレコテレコの目を追い続けていった。
すると、チップはどんどん増えていった。
同席していたのは、せりかっちにおやじさん、ダッファーさん。

ところが、ここで悪魔がクリスタルルームに降臨する。
恐怖のツラ追い人だ。
しかも、たちが悪いことにイエロープレイヤー。
しかも、さらに悪いことに、ベットするのは1枚や2枚ではない。
必ず、数枚のタワーだ。
100リゾでの逆張りなんて畏れ多くてとてもできた雰囲気ではない。

ところが、罫線を一切つけないその彼は、
誰がどう考えてもテレコテレコのピンポン罫線なのに
前に出た目と同じサイドにしかベットしないのだ。

最初のうちは、テーブルの誰もが彼に遠慮して逆張りしなかったのだが、
最終日の朝ということもあり、
こちらもだんだんジレてきた。
だって、彼以外の全員が次はPだと思っているのに
彼は堂々とその反対のBにビッグベット。

他のプレイヤーはできるだけ、彼の顔を見ないように
うつむくしかない。
だって、ひとたび、目でも合おうものなら
応援ベットをしろと、催促がはいるからだ。

本来はみんなでウハウハになる場面なのに
沈痛な面もちでベットもできず、うつむき加減のプレイヤー多数。
なんとも複雑な空気が流れていた。

ここで、私とせりかっち、小さな声でちょっと相談。
「どうする?このまま見を続ける?
 でもさ、私たちも最終日だし、
 これ以上、彼に義理立てする必要もないんじやないかしら?」
「でも、いきなりミニマムで逆張りってのも悪い気がするしさぁ・・・」
「どうする?どうする?」

と、言いながら、もう二人の気持ちは決まっていた。
彼がベットする前に二人で、そっと、Bにミニマムベット。
で、彼がベットするちょうど、そのタイミングに
私は罫線を彼に見せながら、「ピンポンだよ」とやさしく言ってあげる。

が、彼はいつものように前のゲームで出た目と同じサイドのPにベット。
私がもう一度、ピンポンだよって言ってあげると
その言葉を無視して、さらにチップを積み上げる。
もう、なんて強情な人。

で、ドライバーのせりかっちが
「これって、絞った方がいいのかな~」って聞くので
「ダメダメ、絞ったりしたら、殺されるよ。オープンでいいよ」と私。
で、せりかっちは、手にしたカードを絞らず
オープンしてディーラーに投げ返す。
すると、当たり前のようにナチュラル9。

次もカードオープンで投げ返すせりかっちのカードはナチュラル。
その次も、その次も、その次もナチュラルだ。
途中からベットアップしたおやじさんが
ドライバーとなって投げ返してもナチュラル。
ディーラーにオープンさせてもナチュラル。

だって、完全な横ヅラなんだもん。

でも、ちっともテーブルは盛り上がらない。
だって、例のハイローラーはさっきから、ずっと私たちの反目にしか張らない。
勝っているのに喜べない私たちも、すっごく気分が重い。
なので、たまに2目落ちて、その彼が勝ったときには
私は自分が負けていても、「ナイス」と言って彼を精一杯、盛り上げてあげる。
なんとか、ご機嫌を直して、彼にもこの横ツラに参加してほしいからだ。

で、途中、なん度か、また、罫線を彼に見せてあげるが
まったく聞く耳を持たない。

挙げ句の果てには、せりかっちとたまたま同じサイドに
ベットすることがあっても、
その彼はせりかっちが自分と同じサイドにベットしているのを見ると
いきなり、ベットを逆サイドにチェンジ。
完全な逆張り合戦になってしまっていた。

が、当然のように、そんなプレイで勝てるはずもなく
バイインを何度か繰り返していた彼は
結局、それらをすべて溶かしてフラフラと
クリスタルルームを出ていってしまった。

そして、マナーを欠いたプレイをする彼にバカラの神様は冷たかった。
なんと、彼が席を立ったそのすぐ後に
プレイヤーヅラ12目が飛び出すのだった。
一気に盛り上がるテーブル。
「ティンガー、ティンガー」「チョイ、チョイ」と
みんなでドライバーの私を盛り上げてくれる。
バカラはやっぱり、こうでなくちゃ。

ツラ追い人の彼が、この場面に遭遇していたら、
きっと、今までの負け分をすべて取り返していたに違いない。
が、彼は席を立った後。

バカラの神様はちゃんと見ているのだなと、
つくづく思った出来事でした。
スポンサーサイト

theme : リアルカジノ
genre : ギャンブル

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ツラ追い人の話、染みます。
私もツラ追い人やりました。

かなり、取られましたが、ツラも来ました。

バカラは、本当に空気を読むゲームだと思います。

もう、あけみん。連絡してくれれば僕がこの逆張り男をきっちり型にはめてあげたのに~。おしかったな~(笑い)。

あけみんたん こんばんわ
私もよく乗り遅れます。
最後まで乗らない派です。
だって切れたら悪いもんね...v-11


あけみんさん、こんばんわ。
いつも楽しく拝見してまーす!
お初にコメント失礼します。

私と中国人の旦那はよく一緒にゲンティンで
プレイしているのですが、ゲンティンにも今回の彼のような人いました。
中国大陸から来た人っぽかったです。また、
こんなに積んでどうするんよ?!ってくらいの
タワーで勝負してて。
案の定やっぱりあっという間に溶かして席を立ったのです。がしかし!こ奴はまた自慢気に戻ってきて周辺のテーブルをウロウロ。で、ベットし始めたと思ったらやっぱりダメダメ。
最後はこれでもか!と有り金をはたくように、ポケットからたった1枚の50リンギット現金を出して勝負!。。。結果はチーン。散ってました。
そして彼が完全に去った後に盛り上がるテーブル。w

「あー、なっちゃあおしまいだ。人生勉強したね。」と私にコメントした旦那でした。
(旦那は根っからのギャンブラーです。今晩もマージャン中です。w)

あけみんさんの勝負報告にはすごく勉強させてもらってます。
これからも応援してます~。

はじめまして。
カジノに興味を持っていますが、
みなさんの言っている、100リゾって
換算するといくらなのでしょうか?

教えていただけると幸いです。

べいさん、こんにちは、
べいさんって、BJ派じゃなかったでしたっけ。
バカラもするんですね。
今度、また韓国かテニアンで
一緒に絞りましょうね。

キャロさん、お久しぶりです
ホント、この場面にキャロさんがいたら
どんなによかったことでしょう。
でも、実はこの前日に彼がドライバーとなって
ものすごいツラのご馳走をいただいたのも事実なんです。
きっと、彼はその余韻を大切にしすぎたのですね。

姫、こんにちは。
姫とはよくテーブルが一緒になるけど、
決して飛び込み自殺しないプレイは
私と似ているなと、すごく共感してます。
でも、あの電波だけはいまだに理解不能。(笑)
次はどこのカジノでご一緒できるかな。
楽しみだね。

あーく@上海さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
我が家と同様の、夫婦でバカラ派なんですね。
ゲンティは一度行ってみたいカジノですが、
なかなかいく機会がありません。
ぜひ、今後も情報交換させてくださいね。

のんべさん、はじめまして。
実はこの「リゾ」に関する質問、よくいただきます。
が、「リゾ」を使うのは、実在する貨幣単位で表現すると
あまりに生々しいとの理由からですので、
あくまでご想像にお任せします。
としかいえないのが心苦しいところです。
ちなみに、わが夫のtagamanは
実在の単位でブログを書いていますので、
そちらを参照していただければ、大体の単位がおわかりいただけるかもしれませんよ。

ポリープ!

以前の記事にコメントすみません。

PBPBPBPBPBPB
     B

この2目めのBをポリープって言いませんか?
私は、言います。

ちなみにラスヴェガスでは、横テンコを「チョップチョップ」
とも言いますね。

クリスタルルームのD、リーゴもアントニーも元気でした。

Re: ポリープ!

こちらにも重ねてコメント、ありです。

この彼は今もよーくおぼえています。

なんか、昔のバカラの記事って
めっちゃ、楽しいそうです、我ながら。

クリスタルルーム、もう2年は行ってないなぁ~。

クリスタルルーム

かなり以前の記事のコメントにお返事をありがとうございます。

MGM系列は、Ariaにチカラを入れちゃって、マンダのジャパニーズ・マーケティングは解散です。

でも、わざわざクリスタルルームに行った理由は、ビッグバックがあったからです。
1台だけ動いていました。残念ながら、動くのは、金曜日と土曜日の夜だけだそうです。

AriaもWynnもMGMもVENETIANにも、ビッグバックは、ありませんでした(2010.12)。
今、ラスヴェガスは、Dが1人のミディバカラばかりです。

頑張れクリスタルルーム。
ちょっとお歳を召したDの皆さん、私も好きです。

Re: クリスタルルーム

クリスタルルームもそんな感じなんだぁ~。

以前はとても賑わっていたのに。

もうやることはないとは思いますが、

機会があれば、のぞいてみようかな。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

罫線

罫線とは過去の相場の動きをグラフに示したもの。

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。