05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19からダブルダウン

さてさて、テニアン2日め。

前日というか、ついさっきまで起きていたので
かなりつらかったが、
抽選会がはじまる3時ちょっと前にベッドから這い出して
とりあえず、シャワーなど浴びる。

以前、BJさんがポーカートーナメントのとき
トイレであれこれ、戦略を考えていたのを思い出し、
すでに時間は3時を過ぎていたのだが、
ここは心を落ち着かそうと、トイレに入ろうとしたときに
部屋の電話が鳴る。
心配したtagamanからの電話だった。

で、トイレでの熟考をあきらめ、すぐにカジノへと降りていく。

準決勝のテーブルはsharkさんと一緒だ。
しかも、席まで隣同士。
こういうときに知り合いがいると、
たとえトーナメントでは敵同士でもなんだか心強い。

今回もGAKUストで準々決勝突破を狙う。
が、勝ち抜けはたったの一人。
う~ん、厳しい戦いになりそうだ。

何ゲームかでベットアップモードが入る。
まだまだ序盤。でも、勇気を持って300ドルベット。
が、あっさり負ける。
もちろん、勇気を振り絞って、2度押しだ。
おそるおそる、さっきの倍の600ドルをベット。
持ちチップは3000スタートなので、序盤での600ドルベットはかなりつらい。

が、ここを辛くもしのいで、チップはほんのちょっぴり増える。
その後はなかなか親がバストせず、
ベットアップのタイミングが来ない。
で、ラスト5ハンドとなったあたりから、
俄然、みんなが動き出す。
でも、GAKUストで行くと決めた私はじっとミニマムで耐える。

マックスベットをしている人たちも
勝ったり負けたりなので、あまり差がないままラストゲームに。
相変わらず、ベットアップのタイミングはこないが、
もうここは勝負に行くしかない。
で、全員がマックスベット。

すると、私はソフト18。幸運なことにダブルができるハンドがやってきた。
現時点でのチップリはファーストベースのおじさん。
チップ差は1000ドルちょっともない。
おじさんはダブル手ではないので、
そのままステイで他のプレイヤーのアクションを待つ。
で、私の番だ。
もちろん、もう一枚、1000ドルを差し出し、ダブルダウン。
が、非情にも、もう一枚は「5」(だったと思う)。
で、合計「13」。親のアップカードは忘れてしまったが
もう一枚が絵札なら、私の負けが確定するようなカードだったと思う。

で、がっくりくる私。ほぼ負けを覚悟。

なので、ぼーっと、空を見ていたら
何やら、ディーラーが私にチップをくれる。
「えっ?」と思い直して、テーブル上を見ると
ディーラーがなんとバストしていたのだ。

これで、ダブルダウンに成功した私が
チップリのおじさんを抜いて、準決勝進出確定。

そのおじさんは相当くやしかったようで、
ディーラーに「なんでバストしたんだよ」とぼやいてた。

そして、見事、インザマネー確定。
1000リゾがもらえることになった。
この1000リゾはトーナメントの参加費と同額なのだが、
参加費の中にはエアー代と部屋代、食事代が含まれているので、
要はエアー、部屋、食事代が丸々浮いた計算。
えへへっ、前回のポーカートーナメントに引き続きインザマネーだよ。

しかも、準決勝は6人中3人が決勝進出となるため、2分の1の確率。
気分的にはめちゃめちゃ、ラク。
ところが、準決勝ではGAKUストが不発に終わる。
ベットアップのタイミングで2連敗。
しかも、序盤でのできごとだったので、他に大きく水をあけられて
チップ量的には最下位。

でも、なかなか、抜け出す人が出なくて、
ラスト2ハンドまでずっとミニマムで行ってたら
2名ほどが脱落してくれて、ほぼ決勝進出が確定。

ところが、ラストゲームで痛恨の計算ミス。
50ドル賭けていれば、確定だったところを
間違って25ドルしか賭けなかったものだから、
なんと、ゲーム終了後に韓国人のプレイヤーと
チップ量が同点であることが判明。
みんなから、「何やってんの!!」と大ブーイング。

顔見知りのピットボスに涙目で
「お願い、2人とも決勝に出させて」って頼んだけど、
ルールブックを引っぱり出してきて
「NO,サドンデス」だってさ。

というわけで、決勝進出をかけたヘッズアップのサドンデス開始。
本気で心臓が口から飛び出るんじゃないかとハラハラしたよ。

でも、このサドンデスのルールが変なんだよね。
ベット額は両者とも同じじゃなきゃダメなんだって。
なので、ここではベット額での駆け引きはなく
要はディーラーに片方が勝って、片方が負けるまで
ゲームを続けるのだそうだ。

そうなると、サードベースに座る私は断然有利。
だって、相手の勝敗の結果を見届けてから
勝負にいけるんだものね。
で、3ハンド目であちらがバストしたのに対し
私は18でステイ。
すると、ディーラーがバストしてくれて見事勝ち抜け。

これで6位以上が確定。

今回は150人以上が参加したので、
優勝賞金はなんと1000万円だそうです。
俄然、鼻息の荒くなる私。

それまで、私の快進撃にもまったく関心を示さなかったtagamanも
さすがに決勝だけは応援に駆けつけてくれた。

でもね、でもね。
残念ながら4位に沈んでしまったんだよね。
実はラストゲームの時点でチップ量的には3位確定だったんだけど
それを捨てて、敢えて1位を狙い大逆転の勝負に出たところ
あえなく撃沈。4位に沈みました。

そのシチュエーションってのが、もうバカかと、アフォかと。
これゃあ、確実に小1時間問いつめられるな。って状況です。

親のアップカードは「6」。
2位のおじさんは「18」でステイを選択。
チップリの女性もおなじく「18」あたりでステイを選択。
で、私のハンドは「ハード19」。4位の方も私と同じ「ハード19」。
ということは、このまま私がステイすれば、
たとえ、ディーラーのカードが「21」になって負けても
4位に追いつかれることはない。
が、1位には追いつけない。
ところが、万一、ディーラーが「18」で、2位のおじさんとイーブンなら
2位になることも可能なチップ量だった。

当然、普通の神経の人なら、「ステイ」だよね。

だって、私がバストしないためには
Aか2を引くしかないわけで、13分の2の確率。

でも、ここで私は勝負に行ったのです。
すでに2位のおじさんはダブルをしなかったから
絶対に1位にはなれない。
片や4位のプレイヤーはダブルしても1位には追いつけない。

この時点で、唯一、1位を逆転可能だったのは
ハード19からダブルする権利をまだ放棄していなかった私だけなのよね。
しばらく、考えた結果、私はアホなことに一等賞を狙いに「ダブルダウン」を選択。

で、結果は見事絵札を引いて、バスト。
3位から4位に転落。

「ワンカードオンリー」と、かおりん(ディーラー)が言いながら
ゆっくりと、私の前にカードを差し出した瞬間、
それを後ろで見ていた他のディーラーの女の子が
「ギャャーァァァァァー」と悲鳴を上げた瞬間を今でも時々思い出す。

でもね、バカかと、アフォかと言われようが
どうしても一等賞を狙いに行きたかったんだよ。
優勝賞金に目がくらんだとかじゃなくて、
もし1%でも、そこに優勝の可能性が残っているのなら
その1%に賭けてみたいって、思ったんだよ。

仮にステイしてて、次にディーラーが引いたカードが
万が一、Aや2だったら、きっと、私、死ぬほど後悔したと思う。
やらない後悔より、やって失敗した後悔の方がいい。

な~んて、カッコイイこと言ってますが、
表彰式のときの私の落ち込みようと言ったら、あなた。
それゃあ、悲惨なものでした。

なので、この話題はぜひ、皆様もスルーでお願いします。(笑)
スポンサーサイト

theme : リアルカジノ
genre : ギャンブル

拍手

チャレンジャー精神は明日の粮です。目の前に1位が見えたら、狙うのは当然です。

BJトーナメントは、楽しいです。次回も出たくなりました。

べいさん、コメントありがと。
そう言ってくれると少し気が楽になります。
が、良い子の皆さんは絶対、真似しちゃダメよ。
3位死守でいきましょう。
次回、リベンジに燃える私です。

あけみん姐さん、お帰りなさい&入賞おめでとうございます。

勝てば優勝、負けても4着なら、行くんじゃないですか?あけみんさんが言うように、ステイして次のカードがAだったりしたら、それこそ小一時間問い詰められますよ。

全然別の話ですが、私の最近のブームは、リバーで出てはいけない1枚(2~4アウツ)が出てしまうことです。13分の2なら絶対勝負!!だから私のトップペアオールインには、ドローでコールしてください。

今週からWSOPレディースに向けての連戦かと思いますが、がんばってください。ではでは。

スルーできないですねー。
お金よりも名誉、称号ですか。すばらしいです。入れ替わり3位のかたからいくらか祝儀貰いたいですね(笑)

あけみんさん入賞おめでとうございます。
ポーカーで私に飛ばされたってトーナメントで私を踏み台にしたんだからチャラってことで。(笑)
決勝卓の最終ハンドですが、確率論者的考えで言わせてもらえれば、2/13で88000$ゲットできるので期待値は約13500$。
かたや3位賞金は24000$なので確率的にはステイですね。

でもそんなこと関係なしに1位を狙いに行く男らしいあけみんさんが大好きです。
だからあまりいじめないでね。(笑)

ねーさん、入賞おめでとうございます!
いやー、ねーさん、カッコ良すぎますよ~1
結果だけはkopaっちから聞いてましたが、サドンデスを勝ち抜いて、しかも最後は19からダブルに出るとは!

記録より記憶に残る勝負、お疲れチャンでしたー!

1000万円は日本で、仕事で、自力で稼いじゃってくださーいw

あけみんさんテニアンでは、どうもでした。
19からのヒットですが、お見事でした。
いろんな意見があるでしょうが、それは仕方ないでしょう!
でも正解だったと思います
だって・・・・3位の賞金がすぐになくなっちゃうもんねーw
あなたの旦那tagaちゃんだから・・・w
優勝にはtagaちゃんの魂が副賞で付いてくるしw
tagaちゃんにもよろしく伝えてくださーい

13分の2に掛ける青春 いいねー!

オラが思うには 当然 勝負に行って正解ですよー。

成功すれば 万々歳 
失敗しても しばらくは この話のネタで 食っていけますからねー・・・・。
結果論 おいしい展開だったんですなーW。

別ネタを 少々 あけみんサンにご紹介いただいた プリズンブレイク 6と7
明日レンタル開始ですが 1日お先にさっそく借りてきまして 見終わりました。
いやー マジで おもしれー!
でも 8から先のレンタル開始予定日が 12月って わけわかんねーよなぁー
あー はやく 12月になんないかなー!

TAIPAさん、どうも。
先週末は大阪、名古屋と連戦だったようですね。
いろんな方とプレイするのって、ホント楽しいですよね。
さて、リバーの話ですが、私にも身に覚えがあります。
なぜ、ポーカーでは確率的には期待値の薄いカードが
リバーでよく出るのでしょうね。
で、決まって、こちらがまくられるというパターン。
上野的言うと、時空がゆがんでいるのでしょうか。

のんぶさん、こんにちは。
テニアンではお世話になりました。
って、あまりご一緒できなかったですね。
やっぱ、スルーできない話題か・・・。
まあ、次回は絶対、3位を死守します。
その機会があれば、のことですがね。

sharkさん、テニアンでは本当にお世話になりました。
でも、ポーカー確実に上手くなってるよね。
こっちがコールしてほしくないときに、
必ずコールして、ガバッとチップ奪っていくよね。
ちなみに、私、これまでsharkさんとのオールイン対決で勝ったことないです。
今週末はぶつからないことを祈るだけです。

めぇめぇちゃん、お久しぶり。
いや、かっこ悪いっすよ、私。
3位で十分だったわけだし・・・。
まあ、人生に一度くらい、こういうバカなことをしてみるのもいいかな。
まあ、Gでこれからは私のこと、
「ミスター」って呼んでください。

kopaちゃん、テニアンではお疲れちゃんでした。
今回、ほとんど、からまなかったねぇ~。
ポーカーも全然しないし、ちょっとさみしかったぞ。
考えてみれば、私のメガネをかけず、太ってデブデブの
素敵なダンナ様には2万ドルぽっち、
なんの足しにもなりませんから、あれで正解でしたね。
kopaちゃんの言葉が一番、説得力ありました。サンキュ。

あんちゃん、コメントありがと。
そっか、「おいしい」って思えば、ちょっと気が楽か・・・。
ところで、プリズンブレイクもう見ちゃったか。
でも、きっと、7の最後って
ありえないようなところで終わるんだろうなあ。
で、次が見たくて見たく、やきもきして半年過ごすことになるんだろうな。
なんだか、見たいような見たくないような、複雑な気分だな、これは。
まあ、見るしかないわな・・・。

Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。