07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカラあれこれ

最近、カジノではもっぱらバカラばかりしている私だが、
バカラほど、プレイ中にいろんな奇声を発するゲームはないと思っている。
それほど、熱くなりやすいゲームだというところだろうか。
が、バカラをはじめた当初は、各プレイヤーが口にする言葉の意味がよくわからず、
「?????」状態だったことを思い出す。

たとえば、ピクチャーのことを「コン」「アボジ」と言うし、
最近では、一部のマニアの間で、「金子」と呼んだりもする。
バカラでは絵札をすべて10とカウントするため、
本物の10のことを、「金子代理」と言ったりもする。
また、「コン」と叫ぶかわりに
テーブル上の灰皿等をペンで軽く叩いて、「コン」とならす場合もある。

一方、自分がベットしたサイドに配られたカードの組み合わせが
サンピン(6、7、8)とリャンピン(4、5)のような不毛な組み合わせの場合、
すなわち、合計が最高でも「3」となるようなダメダメな数字の場合は
相手のカードも同じようにできるだけ小さな数字になるように願って
オープンされる際に、「シューシュー」とか、「ドレミ」とか言う場合もある。
もちろん、絵札2枚を期待して、「コン」「アボジ」「金子」と言う人もいるだろう。
私の場合は大抵は、ディーラーに向かって
「やさしくしてね」と、懇願する場合が多いのだが、
結構、この「やさしく、やさしく」作戦は功を奏する場合が多い。

また、バカラの場合は絞るという行為が存在することから
カードのマークがどういう並びでついているかで、
大きく分けて5種類の呼び名が存在する。
これが、さきほどから出ている「サンピン」や「リャンピン」と言った呼び方のことだ。

例えば、Aや2、3はカードの両サイドにマークがまったくないため
「ノーサイド」あるいは「モウピン」と呼ばれている。
2や3はさらに「タテ」とか「ツノ」とか言う場合もある。
また、4、5のようにカードの両サイドにマークが2つ、ついている場合を
「ツーサイド」あるいは「リャンピン」と呼ぶ。
絵札を「金子」と呼ぶ一部のマニアは、これを「めぇ」と呼んだりもする。

で、負けが込んでいるときというのは、不思議と「金子・めぇ」の組み合わせが多く
仮に3枚めが引けるシチュエーションになっても、もう一枚、「金子」がくるか
「サンピン」が来て、さらに数字を下げるというケースが多いような気がする。

一方、カードの両サイドにマークが3つ並んでいるのが
「スリーサイド」あるいは「サンピン」と呼ばれるもので
その真ん中にマークが2つ点けば8、1つなら7、ゼロなら6となる。
したがって、このサンピンと絵札の組み合わせを引いた場合は
真ん中のマークが2つつけば、「ナチュラル8」となり、かなり強い手となる。
そのため、ドライバー(カードを絞る人)に向かって、
同じサイドに賭けた他のプレイヤーからは
「ナチュラル8」になりますようにとの願いを込めて
マーク(点)よ、つけという意味の
「テンガー(ティンガー?)」とのかけ声がかかったりする。

私などは、絞りはじめる前にドライバーに向かって
点が2つ、ついてほしいという意味で、「つきつきで、お願いしますぅ」と言ったりする。
そして、最後はカードの両サイドにマークが4つ並んでいる場合。
これは、「フォーサイド」「セイピン」と呼ばれるもので、10および9がこれにあたる。
絵札と「セイピン」を引き当てた場合は、
「セイピン」のカードから、真ん中のマークを一つ消せば、「ナチュラル9」となるため、
点よ消えろと言う意味で、「チョイ、チョイ」という声がかかる。
あるいは、「抜いてぇ~」と懇願したりもする。

で、バカラの場合、絞り方にはいろいろあるが、
共通しておこなう行為が、「足の確認」。
私はカードをタテに両手で持って、
カードの両サイドにマークがあるかどうかを確認する方法をとるが、
tagamanは片手絞り。カードの角をペロリとめくってマークの有無を確認する。
これを「足の確認」と呼び、リャンピン、サンピン、セイピンの場合は
カードの両角にマークの存在が確認できるため、これを「足」と呼ぶ。
一方、絵札とモウピンにはこの足が存在しない。
なので、配られたカードの2枚ともに足がなければ、ナチュラルにはなり得ない。
なので、1枚目を絞ったときに足のかわりに枠(絵札)が見えた場合は
2枚目を絞るドライバーに向かって
「全力、足!!!」と声がかかったりする。

また、バカラプレイヤーの中でよく言われるジンクスもいくつかある。
例えば、「おはようバンカー、さよならバンカー」。
これは、ゲームの最初と最後はバンカーが勝つというジンクス。
「ニューディーラー、タイ」は、新しいディーラーに変わった後の初手には
必ず、タイがくるというもの。
タイについては、「ダブル、タイ」とか、「スキップ、タイ」とかのジンクスもある。
なので、tagamanはタイを取った後は、よっぽどのことがない限り
タイにベットしたチップは下げない。
また、カード2枚の合計が、プレイヤー「2」に対して、バンカー「5」の場合は
バンカーサイドに張ったプレイヤーから「新宿鉄板」と声がかかることもよくある。
これはバンカーの絶対有利を指す言葉だが、tagamanの場合は、「新宿鉄板」と叫んだ後、
プレイヤーに6を引かれて負けるというパターンがよくあるため、
我が家では、この「新宿鉄板」という言葉は禁句になっている。

で、私が一番好きな2枚の組み合わせは
タテとサンピンの組み合わせ。
というのも、この組み合わせは2枚とも絞る醍醐味がある。
私の場合は、まずはサンピンを「抜き抜き」の6にしておいて
タテを「テンガー、テンガー」のかけ声で「3」にして
「ナチュラル9」に仕上げるというのが、一番気持ちがいい。

また、これまでいろいろな人の絞り方を見てきたが、
絞り方だけでいえば、まさ☆さんの絞りは結構イケている。
まさ☆さんもtagamanと同じ片手絞りで、
しかもサウスポーなのだ。
で、絞り終わったときのカードのオープンのさせ方が独特で、
手首のスナップをきかせた、ちょっと格好いい絞り方をする。

tagamanも私と同じ感想を持っていて
一時期、まさ☆絞りを真似て、左手で絞っていたときもあったが、
「金子・めぇ」に取り憑かれて、まったく勝てなくなってしまい、
現在は封印している。
どうやら、絞りのカッコ良さと勝率はまったく関係ないらしい。

なお、バカラの絞り方についてはこちらで↓詳しく説明されているため、
http://www.resocasi.com/games/baccarat/0/index.html
これからバカラをやってみようかなという危険思想をお持ちの方は、
ぜひ、のぞいてみてください。
スポンサーサイト

theme : リアルカジノ
genre : ギャンブル

バカラあれこれのご説明お疲れ様でした。
今週一杯講座中のまさ☆でございますw。
さて・・・
>絞り方だけでいえば、まさ☆さんの絞りは結構イケている。
絞り方だけかよ!。スタイルとか
ルックスも良いって書いとけよ!w。
>どうやら、絞りのカッコ良さと勝率は
まったく関係ないらしい。
関係あると思いたいんだよ!(^^;
今に見てなさいw。
tagamanと俺がリハカジ終えて復帰
した時にはもう手がつけられない程
9とか8とかだしちゃるから~。
いつになるかはひ・み・つ・☆

まさ☆さん、忙しい中、ご訪問ありがとね。
いやいや、本当にまさ☆絞りって格好いいよね。
ルックスとか、ファッションとかは、まったくいけてないのにね。(きっぱり断言)
ホント、あの絞りだけはみんなにも見てもらいたいです。
しかし、早く、リハカジ終了させてくださ~い。
たとえBJ大会で優勝しようが、妻が内助の功で手助けしようが
あなたたち2人の負け、半端じゃないですから。
ついでに、めぇ社長も一緒にリハガシ、お願いします。

久しぶりに見てみたら、おもしろい話題「絞り方」ですね!?

僕のレコメンドする絞り方三人は

Lupin兄貴
J'sさん
ちくわさん

です。

バンカー好きのLupin兄貴の、
斜めに「グニュ」と迷い無く絞るやり方が大好きです。

「バンキーは、タバコでも吸ってゆっくり待ってたらいいんだよ」

と余裕でプレイヤーの絞りを待つ姿勢も大好きですね!

J'sさんは、斜めに二枚とも折り目をつけて、一枚をスライドさせる。
文章で書くのは難しいですけど、その仕草がとてもかっこいい!

で、最後にちくわさん。
タバコをくわえながら、絞るときに

「ふぅーーー」

と一服してから、タバコを灰皿において、斜めからゆっくり搾るそのときに、
ハンターのヘンリンを見ることが出来ます。

あぁーーーー。書いてて、絞りたくなってきた。

絞り有のバカラゲーム
http://hp.vector.co.jp/authors/VA007320/software.html

itoさん、お久しぶりです。
確かにJ'sさんは渋いですよね。
ちょっと、天知茂が入っている気がするのは、私の錯覚でしょうか。古っ!
ちくわさんに関しては、常にドラマな男ですから、
絞りに注視したことがなかったので、
今度はこっそり、田代まさししてみます。
そういえば、Lupinさんはポーカーしてる姿しか見たことないなぁ。
これもメモして、どこかのカジノで田代まさしします。

カジノあんまし やらないオラですが オラも マサ☆さんの絞り方 かっちょいいと思ったことありますDOー!
同感の人がいて なんか安心しました。

ちなみに オラがここ一番での勝負所で行う絞りかたがあります。
それは、ごく一部のマニアな方しか見たことがないと思いますが その絞り方は バタフライ絞りと命名しております。

最近では 昨年末のマニラで その バタフライ絞りを披露したのですが・・・・結果は・・・
ピクチャー・写真・金子の 30点でした。

まっ 正確には 絞ったと言うより 角ほんの少し 折り曲げただけで終了でしたけど・・・・当然その時にはW余裕なし。でした。

KOPA兄、お疲れちゃんです。
だよね~、まさ☆さんの絞り、格好いいよね。
象徴はああ見えて、かなりの「ナル」だから、
結構、鏡見ながら、絞りのポーズ練習とかしてたかもしれませんね。
ところで、バタフライ絞りですが、簡単に想像できました。
おそらく、両肘がバタフライの羽のような動きをするのでしょうか?
ぜひ、岡山新年会で、その技か見せてください。

「金子」にまいった

また、以前の記事にコメント失礼します。

つまり色んな言い方をして遊んでいるのですよね。

「金子」は、初めて聞きました。
どういう理由があるのでしょうか?
興味ありありです。

私が、聞いたことがあるのは、こんな感じです。

ピクチャー:
①「モンキー」monarchy(王室、発音はモナキー)がなまった。
②「letter」クリスタルルームのDより。ちなみにそれ以外は、number
③「シャガール」スーツだけでなく絵だから。
④「カラーテレビ」複数色が付いているから。

6:
「ぬけさく」例えばピクチャーとスリーサイドの時、8を期待して絞ったら1つもスーツが付いていなかった。抜けている、期待はずれでぬけさく。

ps.
「新宿鉄板」って、森巣博のジゴクラクからですかね。

No title

龍次さん、またまたコメサンキューです。

金子はいわゆる、背中にお絵書きのある方を指します。

でも、今は誰もピクチャーを金子って
呼ぶ人はいないと思います。

昔のネタです。

お会いすることがあれば、
その件はまた詳しく。

おまけ

あけみんさんへ

回答をありがとうございます。
でもちょっと、「金子」は敷居が高くて、
私には、使えそうにありません(^_^;)。

おまけとして、組み合わせの例も書きます。

A+A:「American Airline」
6+4:「虫くん」
7+3:「波平」
8+2:「(キューティー)ハニー」

3枚目に「金子」では、困りますぅ。

ついでに出目の形からベットする時の気合いの掛け声。
PBPBP
PBPB
PBPB
  PB
  

このようにツラ目が、BP集まった状態を「団地」と言います。
罫線を逆さまから見るとBPのマルが、窓に見える。
小さい窓が集まっているので「団地」。
気合いでベットする時には、「団地妻!」と言います。
5列目のPの次のハンドでPにベットするような時。
理由は、団地から連想されるのは、やはり日活ロマンポル○・団地妻シリーズ。
と言うわけで、団地→「団地妻!」です。

くだらな~い。

でも、くだらない言い方で勝った時は、より盛り上がる気がするのですが・・・。






Secret

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。