10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちを強く

先週末、東京出張のついでに久しぶりに上野ルームに行ってきた。
もちろん、ポーカーをプレイするためだ。
東京へは必ず、飛行機で移動する私だが、
今回ばかりは、仕事の都合でどうしても新幹線に乗らなければならず、
なんと朝6時の始発ののぞみで東京へ。

今回の出張は新横浜と品川、東京を行ったり来たりする
ハードなものだったので、クタクタに疲れ果て、
しかも、当初の予定よりも仕事が長引き、
ホテルにチェックインできないまま、そのまま上野ルームに向かった。

久しぶりの上野ルームに緊張気味の私。
で、例のらせん階段を昇り、ドアを開けると
予想に反して、かなりの人がいることに少々、とまどってしまった。
トーナメントがはじまる頃には
プレイヤーの数はなんと31名に。
金曜日の夜にこれだけの人数が揃うのだから凄い。

いつものように上野はお世辞にも居心地の良い場所とは言い難いが、
まさに「ポーカー道場」、「虎の穴」といった殺伐とした雰囲気が私にはたまらない。
ぬるいお湯に浸かっているよりも、熱めのお風呂が大好きな私には
上野ルームの独特の雰囲気が性格的に合っているのだと思う。

が、今回、久しぶりに行った上野にはうら若き女性プレイヤーが数名おられ、
それもなかなかの美人で多少、華やいだ雰囲気となっていてびっくりした。
ブームには女性を取り込むことが大切、とは昔から言われているが
こうした変化を見ても、上野ルーム、いや日本のポーカーは
今、大きなムーブメントの中にある気がする。

さて、挨拶もそこそこに、さっそく、テーブルに着いてゲームスタート。
種目はノーリミットのホールデム。
今回、自分に課したテーマはハンドにのみ頼らない打ち回し。
自然死だけは絶対に避けたい、との思いでゲームにのぞんだ。

で、今回、私のプリフロップでのアクションは
BB、SB以外では、わずかに2回コールしただけで
その他はすべてレイズで入っている。
結果、予選ではハンドをオープンすることはほとんどなかったが
その分、チップを大きく減らすこともなく、
常に平均以上のチップを維持することができた。

ここで、リバーまでいった数少ないゲームを一つ。
私がBBのときにT3oでリンプインしたところ
フロップでTT3がポロリと落ちて、いきなりセカンドナッツ(実質ナッツですが)の完成。
その後、ターン、リバーとフラッシュ持ちと打ち合いになり、
最後はリレイズオールインで大きくチップを増やすことに成功。
運にも恵まれた。

また、今回は相手やシチュエーションによってもかなり打ち方を変えたつもりだ。
AKはプリフロップで1回降りたし、
83oなんて手でスチールにも何度か成功した。
また、セオリー無視のプレイでひんしゅくもかったが
なんとか、最後の2人までに残ることができた。

ヘッズアップになってからもコールはたったの1度だけ。
フォールドかオールインだけで勝負した。
もちろん、コールすることの重要性も十分承知はしているが
悩ましい手で勝負に行くことだけは避けたかったので
少々、乱暴なプレイかもしれないが2者選択で押し通し、
最後は相手KTに対し、私JXの勝負となり、
ポロリとJが落ちて、上野での初優勝となった。

今回の優勝は私にとっては非常に意味が大きい。
というのも、先にもチラリと書いたが、途中、私はセオリーに反したプレイをし、
あるプレイヤーを激怒させてしまった。
テーブルを去るときにその方が口にされた言葉が
ずっと、頭の中をリフレインし、途中で気持ちが折れそうになった。
で、その後、かなりのゲームをすべてフォールドで通した。
チップが増えたから、タイトにプレイしたわけではなく、
自分自身、冷静な思考力が戻ってくるまでは、
どんなハンドでも勝負には行かないと決めたからだ。
実際、この間にKKが一度来た。それでもフォールドした。
気持ちが弱っているときに、動いても良い結果が生まれない気がしたからだ。

そして何より、ここで負けてしまうようなことが万一あったとしたら
私は2度とポーカーを楽しむことができなくなってしまう気がした。
このときの私は、かなりの悲壮感が漂っていたはずだ。
そんな状況の中で、なんとか気持ちを立て直し優勝することができたことが
私にとっては大きな収穫になったと思っている。

が、自ら招いた状況であるにもかかわらず、
動揺したこと自体、私の弱さを如実に表している。
何事にも動じない、もっともっと気持ちの強いプレイヤーになりたいと、
心の底から思った1日だった。
スポンサーサイト

theme : ポーカールーム
genre : ギャンブル

あの日の第一テーブルは結構面白い人たちがいたので、そのなかでファイナルに残り、優勝できたことはすばらしいことだと思います。

なにはともあれ、優勝おめでとう!

セオリーに反したから、激怒させてしまったと思っているんですか・・・。
その感性には、コール出来ませんね。

ポーカーって大変そうですね。
ポーカーってポーカーフェイスって言葉があるくらい感情を表にださないゲームというイメージがあるんですが・・・
激怒したりひどい事を言うような方は所詮その程度なのかなぁと勝手に思ってしまいました。
なにわともあれ優勝おめでとうございます!!

なにわともあれ→なにはともあれ

セオリーですか。優勝したのがあけみんさんなんだからあけみんさんがセオリーなんですよ。セオリーってあくまで基本みたいなものでしょ?ギャンブルって基本通りに打って勝てるならみんな勝ってます。ときにはセオリー無視の戦いも必要ですし特にポーカーは技術の他に運も必要なんですから
あけみんさんの攻めの姿勢で良かったのでは?
優勝おめでとうございました。
オラがいる時には優勝させないよ?w。

dufferさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。
決して褒められた優勝ではないのでお恥ずかしい限りです。
また、どこかで一緒にプレイさせてくださいね。

ABCさん、コメントありがとうございます。
言葉は難しいので、セオリーという言葉なのか、
マナーに反したプレイというべきなのかよくわかりませんが、
人は失敗に学ぶからこそ、より高みを目指していけるのだと私は思っています。
件のプレイは私の未熟さが招いたことであり、
間違ったプレイであったことは十分理解できました。
きっと、今後、同じ過ちは繰り返さないと思っています。
なので、件のプレイそのものについて論ずること自体、恥の上塗りだと思っています。
ですから、今回、ここで書きたかったことは、
自分の未熟さが招いたことなのに、相手の反応にことさら動揺し
途中でゲームを投げ出してしまいそうになった
自分の弱さを律したくて書きました。
そして、こうした恥ずかしい経験を積んでいくことこそが
感性を磨く一助になってくれると信じています。

あんぱんさん、こんにちは。
ここで一つ、はっきり言っておかないといけないのは
激怒されたプレイヤーは暴言を吐いたわけではありません。
「暴言」ではなく、「真理(心理でもあります)」をついた言葉だったので
私の中に動揺が走ったのです。
ここでその方の言葉を載せることは礼儀に反するので
差し控えますが、
その言葉を聞いて、私は自分のプレイの愚かさがよくわかりました。
なので、その方は決して「その程度の方」ではなく、
ポーカーを実によく理解されている方です。
きっと、あんぱんさんもポーカーを覚えれば、
あのときの私のプレイには「NG」を出すと思いますよ。

まさ☆さん、こんにちは。
いや~、ホント、今回の件はかなり精神的にきてますから、
これ以上、私を持ち上げるのは勘弁してください。
でも、この件をブログに書かないのは卑怯な気がしたので
勇気を出して書きました。
自分の恥もさらさないとね。
ただ、私の書き方が悪く、誤解を与えてしまったようなので
書いたことを多少、反省もしています。
まさ☆さんは、私のようなマナーに反したプレイしちゃダメよ。

そうなんですか・・・何も知らないのに余計な事をかいてしまってすいません><。

あんぱんさん、こちらの方こそ、誤解を受けるような書き方をしたのですから、
むしろ、私の方が謝らなくてはいけません。ごめんなさいね。
あんぱんさんは全然、悪くないですから、
これからも気軽な気持ちでどんどん、書き込みしてくださいね。

あけみんさん、おはようございます。

実はこのブログを読んでいまいち意味が分からなかったのですが、
昨日DUKEで侍さんのブログと合わせて読むと分かると教えてもらい、
ようやく合点がいきました。

私も当然その場にはいなかったのであまりどうこう言う資格はないの
ですが、そのブレーがルールとかマナーに反しているとは思いません。
そうしたプレーが結局自分に不利(他のプレイヤーを不快にさせると
いう意味ではなく)になるというレベルなのではないかなあ、と
思っています(広い意味でのセオリーですね)。だから、それほど
落ち込む必要はないのではないで
しょうか。

ちなみに、私はベテランでもなんでもないですが、ちょうど逆の立場に
なって「なんじゃこりゃ~」と思ったことがあります。三番目の関係者が
警戒している人だったのでその人のことばかり頭にあったものですから。
元気出してね。ブラジルがんばってください(もう出発してる?)

ふむふむ。状況はよ~く分かりました。ポーカーのプロではないのでこれ以上プレイに関してのコメントは控えますね。でもそのプレイを振り返り今後に生かしていければまた一つ大きなあけみんさんになれますよね。
またみんなで腕を磨きましょう!
オラもがんばるど~w。

あけみんさんお久しぶりです五郎です。確かにアメリカに行った際もテレビで大々的にポーカーを取り上げていて、ポーカーが流行っている印象を受けました。相当遅くなりましたが、五郎のラスベガス旅行を書き終わりましたので暇な時にでも見てみてください。

TAIPA さん、こんにちは。
ご心配ありがとうございます。
あけみんは元気ですよ。
だって、少しずつ、前に進むしかないですものね。
また、東京に行ったときには遊んでやってくださいね。

まさ☆さん、そうですよね。
失敗を次に生かせるかどうかが大切ですよね。
ただ、ポーカーのことを書くと、なぜか厳しい書き込みが
ステハンで書き込まれるのは正直寂しいです。
親しくお話したことのある人だと、なおさらです。
人生いろいろ、です。

五郎さん、お帰りなさい。
ずっと、更新を楽しみにしていました。
早速、読ませてもらいます。
また、楽しいカジノ話の更新、期待してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

五郎の旅日記 ロス&ラスベガス篇 8日目

 またまた日にちが開いてしまいましたが、今回で長かった五郎の旅日記ロス&ラスベガス篇もやっと最終回です。これからも色々なテーマで定期的に書いていくので見てやってください。

プロフィール

あけみん

  • Author:あけみん
  • 結婚後も、主婦らしいことは何もせず、仕事優先の毎日に少々お疲れ気味の私。気分転換は夫のtagamanと行くカジノ旅行。理想は月に1回の国外脱出です。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。